男女の永遠の課題、ラブな情報をお届け!

menu

ラブトワ

まるで付き合いたて?彼氏と仲良しでいるための秘訣3選!

何だか彼氏とマンネリ化してきて、会話やスキンシップが少なくなってきた…。
こういうお悩みをもった女性も多いのではないでしょうか。
出会った頃の刺激が時間とともに薄れてきてしまって、別れてしまうのではないかと不安になりますよね。

しかし、世の中には長年付き合っているカップルもごまんといますし、年を重ねても仲の良い夫婦だっています。
一体その人達はどのようにして長続きしているのか疑問ですよね。
そこで今回は、彼氏とずっと仲良しでいるための秘訣をいくつかご紹介していきたいと思います。
マンネリカップルの参考になるような内容をお伝えしていきますので、ぜひ最後までご覧ください。

license:cc  ©:weheartit.com

彼氏とずっと仲良しでいるための3つの秘訣


©:weheartit.com

秘訣①:余計な詮索はしないこと

相手のことが好きな気持ちはわかりますが、余計な詮索はしないことです。
「彼が浮気しているかもしれない」と、スマホの中を勝手に見たり車の中を調べたり、浮気の証拠を探すのは止めましょう。
もし彼が何もしていない場合、信用されていないのかと落ち込んでしまうことになります。

逆に、「他に好きな女性がいて当然」ぐらいの広い気持ちでいた方が、相手はあなただけを好きになってくれるでしょう。
無駄な詮索を止めて、堂々と構えておきましょう。

秘訣②:時には思い出を振り返る

定期的に思い出を振り返ることも大切です。
出会ったきっかけとなった場所や最初にデートした場所など、時には二人だけの思い出に浸ることで新鮮な気持ちが蘇るはずです。
また、忙しくて時間があまり取れないカップルの場合、写真を眺めてみてはいかがでしょうか。
最近刺激が少なくなってきたというカップルは、記念日などに思い出の場所へ行ってみましょう。

秘訣③:呼び方を工夫する

呼び方を工夫することも長続きする秘訣のひとつです。
実は、お互いに名前を呼び合わないカップルの破局率は80%を超えるといわれているので、相手の名前を呼んでいない方は、恥ずかしがらずに呼んでみてください。

王道は呼び捨て

最も一般的なのは、相手の名前を呼び捨てすることです。
ただ、年上彼氏や呼び捨てで呼ばれたくない男性の場合には、違う呼び方にしましょう。
また、人前では止めてほしい人もいるので注意が必要です。

「ちゃん」や「君」をつける

いつまでも新鮮な気持ちでいられるのは、「ちゃん」や「君」をつける呼び方です。
しかし、中には「ちゃん」は恥ずかしい「君」は子供みたいだから嫌という方もいるので、そういう場合は気をつける必要があります。

「さん」をつける

年上彼氏や呼び捨てを嫌うプライドの高い男性には、「さん」付けが有効です。
また古風な女性を好む男性も多いので、あえて「さん」付けにするのも良いかもしれません。
こちらは、距離を感じる呼び方を嫌う方に対しては不向きです。

あだ名をつける

二人だけのあだ名をつけるのも面白いといえます。
実は、二人だけのあだ名をつけるカップルは長続きするといわれています。
ただ、外出したときや他人の前では恥ずかしいので、二人だけの時間に呼び合うようにする必要があります。
こちらも、変な呼び名は嫌という方には向いていません。

まとめ

いかがでしたか。
今回は、彼氏とずっと仲良しでいるための秘訣をいくつかご紹介してきました。
長続きさせるために必要なことは、相手への気持ちをいかに伝えるかです。

愛されていないと感じれば相手への愛情は薄れてしまいますし、それが十分伝わっていれば彼から離れていくということはないはずです。
あなたの気持ちを、例え不器用でも言葉や行動で示そうとすることが何より大切です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク