男女の永遠の課題、ラブな情報をお届け!

menu

ラブトワ

恋人もムダ!?草食男子が彼女を作らない6つの理由と攻略法

最近では恋愛に興味を持たない「草食男子」と呼ばれる男性が増えています。
昔は男性といえば肉食なのが当たり前でしたが、今は事情が違うのです。

女性からすると、多様化が進んだとは言うものの結婚や子育ては憧れだという人も多く、この現状は困り果てているのではないでしょうか。
では、そんな草食男子が彼女を作らない理由や攻略法について紹介したいと思います。

license:cc  ©:weheartit.com

草食男子が彼女を作らない6つの理由


©:weheartit.com

①自分のことだけで精一杯

賃金の安さや雇用の安定が保証されていないことによって、将来は不安視されています。
そのため彼女を作る余裕がないというのも原因のひとつだと言えます。
「彼女=お金の消費」だと捉える人も増えているようです。

②ルックスに自信がない

「ただしイケメンに限る」のように、非常にネガティブな男性も多いと言えます。
特に周りからブサイクというレッテルを貼られていじられているような人の場合、なかなかトラウマから抜け出せないのではないでしょうか。
男性は女性が思っているよりもプライドが高く、確信を突かれると意外とすぐに心が折れてしまうものなのです。

③過去に嫌な思い出がある

当然ですが男性と女性では、そもそも恋愛観が違います。
男性の場合は情で動き、女性は理性で動きます。
あれだけ愛し合っていたのに、きっぱりと別れて相手に冷たくあしらわれてしまったことがトラウマとなってしまうケースもあるのです。

④出会いがない

異性に対してハングリーな男性であったとしても出会いの場が少ないのも事実です。
そもそもお金を使いたがる人そのものが少ないので、当然会社や学校以外の場での出会いが少ないのです。
ですからその環境がダメだから違う環境に飛び込む、ということがなかなか出来ないのです。

⑤彼女がいなくても困らない

以前であれば仕事以外の家事などは一切できない男性が多かったのですが、近年ではそれらをこなしてしまう男性も増えてきています。
一方で、女性でありながらだらしないという人も増えてきています。

近年では食事も安く長時間提供しているお店も増えていますし、便利な機能を持った家電も発売されています。
こういった背景から彼女を必要とする男性が減っているのも事実だと言えます。

⑥女性が苦手

女性とは接したいけれど、上手く喋れる自信がないとか嫌われたらどうしようという思考が働いてしまう人もいます。
特に今まで女性とあまり接してきていない人は、かなりネガティブに捉えがちです。

女性がいるような場に誘われてもつい男性とばかり会話してしまったり、急に黙り込んだりしてしまうのです。
そういった自信の無さの表れも原因のひとつとなっています。

草食男子の攻略法


©:weheartit.com

女性に興味があるかどうか聞いておく

元々女性に興味がないという人は少ないと思います。
ただ、中には本当にそういう人もいるので、事前に聞いておいた方が良いでしょう。

自信をつけてもらう

まずはネガティブな相手に自信をつけてもらって、壁のようなものを取ってもらう必要があります。

自信をつけてもらう方法①:なるべく自分から話しかける

男性は基本的にシャイな人が多いです。
特に経験が豊富ではない男性の場合、振られることを恐れているため、なるべくこちらから話しかけるようにしましょう。

自信をつけてもらう方法②:相手を褒める

ネガティブな男性は意外と多いものです。
ですから、相手を褒めることでそれをポジティブに変えてあげるのです。
そうすれば、この女性は自分に対して興味を持ってくれていると自信をつけることが出来ます。

自信をつけてもらう方法③:会話を弾ませる

会話が苦手だという男性の場合、正直会話の内容はあまり面白いものではないかもしれません。
そのため、なるべくこちらから質問を返したり話を広げたりして場を盛り上げましょう。
そのうち男性側に自信が芽生えてくるでしょう。

相手に恋愛感情を持ってもらう

元々女性が苦手な男性の場合、ライバルは少ないですから好きになってもらえる可能性は高いです。
しかし、あまり男性的な部分が多かった場合などは友達止まりになる可能性もあります。
恋愛対象として見てもらうためにも、女子の部分はしっかりアピールしましょう。

まとめ

ネガティブな男性はつかみどころがなく、最初はかなり苦労すると思います。
しかし、逆に一度気に入ってもらうと一気に恋愛に発展することは間違いないでしょう。
そのためにもこちらが肉食女子になる必要があるのかもしれません。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク