男女の永遠の課題、ラブな情報をお届け!

menu

ラブトワ

これで見極めろ!女性心理が見える6つの脈ありサインとは?

気になっている女性がいる場合、自分のことをどう思っているか気になるはずです。
ですが、誰かに聞いてしまうと自分の気持ちがその女性にバレてしまうかもしれない。
できれば自分自身で女性の気持ちを知りたいですよね?

それを知るためには、女性の脈ありサインを見極めることです。
なぜなら、女性は気になっている男性には脈ありサインを送っているからです。 
そこで今回は、女性心理が見える脈ありサインをご紹介します。

license:cc  ©:Glow studio | 0165 483 8886 (改変 gatag.net)

1.話しているときの態度

女性は興味がない相手だと、話をしている最中でも他の事に気がいったりします。
ですが、気になっている男性であれば、このような態度はとりません。
その男性の話は何でも聞きたいので、話している最中はしっかり目を見て真剣に聞きます。
時には前のめりになりながら、一つ一つの内容に相槌を打ちながら聞いています。

また、プライベートのことを色々と聞いてくるでしょう。
これも、気になる男性のことをもっと知りたいという女性心理からくるものです。
これらのことに当てはまるのであれば、それは脈ありサインといえるでしょう。

2.距離感がすごく近い


©:Mrxthanh

パーソナルスペースというのはご存知でしょうか?
これは、他人に近づかれると不快に感じる空間のことを言います。

・密接距離(0cm~45cm) 親密な人の空間
・個体距離(45cm~120cm) 友人の空間
・社会距離(120cm~350cm) 知人の空間
・公共距離(350cm~) 聴衆の空間

この密接距離に、他人が入ってきたらどう思いますか?
当然、不快な気持ちになると思います。
それこそ、嫌いな人なら個体距離に入られるのも嫌でしょう。 
ですから、気になっている女性があなたの密接距離の空間に入ることが多ければ、脈ありサインとみていいでしょう。

3.視線をよく感じる


©:Jack Wu’s Photos 吳泊峻 (改変 gatag.net)

人と言うのは、気になっている人を目で追ってしまいます。
その人が何をしているのか気になって仕方ないからです。
ただ、いくら気になっているからといっても、じっと見続けているわけではありません。
さりげない瞬間に自然と目で追っているような感覚です。

気になっている女性を見るたび、あなたに視線を送っているのであれば、それは脈ありサインの可能性が高いです。
更に、目が合った瞬間に恥ずかしがって目を逸らすようであれば、その可能性はもっと高くなります。
女性の視線に関してもっと詳しく知るには、『女性心理が丸わかり!?男性に送る視線のサインの秘密とは?』を合わせてお読みください。

4.自分好みの服装に変わる

これは服装の話なので、私服姿を見れる場合に限られます。 
あなたがたまたま好みの服装の話をしていたとしましょう。
その話を聞いていた女性があなたに気があれば、その服装に変えようとします。

それは、気になっている男性に少しでも振り向いてもらいたいという女性心理からくるものです。
ですから、あなたが服装の話をした後に、自分好みの服装に変わったのなら、それは脈ありサインといえるでしょう。

5.特別な笑顔をしてくれる


©:Teacher with love

あなたも気になっている女性に対してなら特別に優しくなったりしませんか?
それは女性も同じことで、気になっている男性のことは特別扱いします。
その感情が特に分かりやすく表れる部分が表情です。
気になっている男性に対しては、特別な笑顔になるのです。

その男性の傍に居れることが嬉しくて、自然と笑顔に表れる女性心理ですね。
他のどの男性よりも、あなたに対しての笑顔が特別であれば、それは脈ありサインとみていいでしょう。

6.連絡頻度が多くなる


©:Anna Demianenko

今まで必要なときしか連絡しかしてこなかった女性が、他愛もないことで頻繁に連絡するようになった。
連絡頻度が多くなったというこの項目が一番分かりやすいかもしれません。 
連絡をしていなかった相手に、連絡するようになるということが気になっている証拠ですからね。

さすがに、気になっていない人に用事もないのに自分から連絡する人はいないでしょう。
ですから、以前より連絡頻度が多くなったのであれば、脈ありサインと見て間違いないでしょう。

まとめ

以上が、女性心理が見える脈ありサインです。
これらのサインは、意識していないと見逃してしまうかもしれません。
ですが、意識して見ていれば分かりやすいサインともいえます。
気になっている女性がいるのであれば、脈ありサインを見逃さないようにしっかりチェックしましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク