男女の永遠の課題、ラブな情報をお届け!

menu

ラブトワ

純愛だったはずなのに…夫を不倫に走らせた6つの原因とは?

不倫…言葉を聞いただけで、ため息をつきたくなるようなワードですが、不倫の話って、本当に多いですよね。
芸能人の話だけかと思いきや、女子会に参加すると「会社の既婚者の男性に口説かれて困っている!」という報告が後を立ちません。
そういう男性に限って、奥さんとの馴れ初めを聞くととってもラブラブだったり、facebookやSNSには奥さんとのラブラブ写真ばかりを投稿していたりするんですよね。

はじめは純愛だったはずなのに、男性が不倫に走る理由って何なのでしょうか?
奥さんにもその理由があるのでしょうか?
今回は、新婚時代と比べたときに、奥さんにどんな変化があるのか、不倫男性の奥さんに原因を探ってみます☆

license:cc  ©:weheartit.com

1.可愛くなくなった

不倫男性に聞いてみると、奥さんの変化としての堂々の一位は「奥さんが可愛くなくなった」だそうです。
お付き合いのときは、あるいは新婚のときは、家に帰って来たらいつも玄関まで走ってきてくれて、満面の笑顔で「おかえりなさい!今日もお疲れさま!」と抱きついてくれた…。

そんな奥さんが、結婚生活が長くなってくると、コタツに座ってTVを見ながら、横目でちらっとこちらを見て、「あーおかえり。」とひとこと…。
たとえばこんなシーンに、「ああ、可愛くなくなったな」と思ってしまい、不倫に走る…なんてケースがあるそうです。
また、精神的な可愛さ以外にも、太ったとか身なりにかまわなくなったとか、実際に可愛くなくなったというケースもあります。

2.マンネリになった


©:weheartit.com

奥さんとの関係って、毎日変わらず、毎日そこにあるんですよね。
そしてこれから先も、明日も明後日もずっとある…。
奥さんとの関係に大きな不満がなくても、ふと、「俺の人生、この女で最後なのか?」と思ってしまうとき、新しい刺激、新しい存在、新しい女の子に少しだけ手を出してみたくなるそうです。

3.奥さんとは恋愛関係ではなくなった


©:weheartit.com

長年の夫婦生活で、子供も産まれ、育児を互いに励ましあい・・・。
そういった長年の連れ添った時間が、ふたりを「恋人」という関係から、人生を共に闘い抜く「同志」であり「仲間」にしてしまうんですよね。
もう奥さんとは恋愛関係ではなくなったために、若くて可愛い別の女の子がそばにいると、悪気なくときめいてしまうそうです。

4.奥さんがセックスを拒む

ただのセックスレスであったり、あるいは妊娠中や産後であったりと、奥さんがセックスを拒む時期もあるんですよね。
性欲が旺盛ではない男性ならなんとか我慢できる状況ですが、性欲が普通かそれ以上にはある男性としては、セックスをできないという状況はとてもしんどいものです。
奥さんとできないなら、他で!と思ってしまうんですよね。

5.奥さんとのセックスの相性が悪い、飽きた


©:weheartit.com

奥さんがセックスレスではなくても、奥さんとのセックスが合わないという場合もあります。
まったくのマグロ状態であったり、積極的に求めてくれなかったり、つまらなそうにされたりすると、男性としては傷つきますよね。

少しずつ不満がたまっていって、やっぱり他の人を探そうという下心が出てしまうんですよね。
また、何一つ不満がなくても、もう20年も一緒にいて、いつもと同じ場所、いつもと同じ相手、いつもと同じ手順に飽きてしまったから、という場合もあります。

6.奥さんには不満はないが、男の性(さが)として女の子を口説いてしまう


©:weheartit.com

意外とまわりの不倫男性に多いのは、このパターンですね。
奥さんのことは愛してるし、家族のことも大切。
奥さんとのセックスも普通にある。

でも、そこに女の子がいるから、口説いてしまう!というタイプの男性です。
もともと性欲が強く、精力もあり、口説くのもマメで証拠隠滅もマメ…。

そういったタイプの男性は、家庭は家庭、遊びは遊びとわりきって遊んでしまうようですね。
ある意味一番救いようのないタイプですね。

まとめ

純愛だったはずなのに、男性が不倫に走る原因を今回はご紹介しました。
新婚時代と違って、奥さんが可愛くなくなってしまった…。

なんていうのはある意味男性の被害報告のような話ですが、最後にあげたケースのように、どんなに奥さんが身綺麗でセクシーにしていても、浮気男はやっぱり浮気をする。という事実もありますね。
どんな場合でも、女性側がきちっと目を光らせておくことが大事なのかもしれませんね。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク