男女の永遠の課題、ラブな情報をお届け!

menu

ラブトワ

一人っ子は恋愛が苦手?知って損しない共通する恋愛傾向7選

昔は一人っ子というと珍しいと思われることも多かったと思いますが、最近は少子化の波もあってごく普通になってきました。
好きになった人がもし一人っ子だった場合、どのように攻略すれば良いのか悩んでいる方も多いと思います。
そこで今回は、一人っ子の恋愛傾向をいくつか紹介させていただきます。
一人っ子の恋愛傾向を知ることで、攻略のヒントになれば幸いです。

license:cc  ©:weheartit.com

一人っ子に共通する7つの恋愛傾向


©:weheartit.com

では、一人っ子に共通する恋愛傾向を7つご紹介していきたいと思います。

恋愛傾向①:独り占めしたい!という気持ちが強い

一人っ子は、両親はもちろん両親の祖父や祖母に至るまで多くの人の愛情を一身に受けて成長してきています。
欲しいと思ったものは何でも手に入れることができてきていますし、兄や弟と何かを分け合うということもありません。
つまり、欲しいと思ったものを手に入れることができて当然という環境なのです。
恋愛においてもそれは同じで、好きな異性を独り占めしたいという独占欲が強く表れることが多いといえます。
一人っ子がパートナーの場合、異性の話や気になっている人の話は避けておいた方が良いかもしれません。

恋愛傾向②:愛が重たい

両親や祖父母によって愛情を受けて育っているため、自身もまた愛が深い人間になっています。
そういった環境からも、人一倍愛情が強くなる傾向にあり、人によっては愛が重たいと感じることがあるかもしれません。
しかし、もっと愛して欲しいという方の場合、とても幸せな気持ちになれるといえます。

恋愛傾向③:一人の時間を好む

一人っ子は常に一人でいることが当然といった環境にありました。
恋愛においては自由気ままで束縛を嫌う傾向にあります。
そのため、自分は愛されているのか不安に思う方もおられると思いますが、一人っ子の恋愛としてはそれが当たり前といえます。

恋愛傾向④:趣味や好きなことを大事にする

兄弟と遊ぶという環境になかったため、趣味や好きなことを優先して生きてきました。
恋愛面でもそれは同じで、趣味や好きなことを優先することも多いといえます。
しかし、異性に一度夢中になってしまえば、かなり尽くしてくれるのではないでしょうか。
一人っ子と恋愛したいのであれば、相手の趣味や好きなことの話題を中心に話をすると効果的です。

恋愛傾向⑤:わがまま

何でも思い通りになってきた人生を送ってきただけあって、恋愛でもやはりそういう傾向があります。
例えば、映画館に行きたかったのにショッピングに変更になってしまったという場合、機嫌を損ねてしまいます。
そんなわがままを許してあげられるような、ある程度包容力のある方でなければ、こういった面では大変かもしれません。

恋愛傾向⑥:甘えん坊で寂しがり

一人っ子は常に一人という環境が多かったため、非常に寂しがりです。
恋愛でもそれは同じで、例えば連絡が途切れてしまった、あまり長く会えないといった場合には不安に陥ってしまいます。
逆に、いつもそばにいてくれるような女性に惹かれる傾向にあるため、一人っ子を落とすのであれば、相手が寂しくないような環境を作ってあげましょう。

恋愛傾向⑦:プライドが高い

一人っ子は常に一人の環境だったこともあって、傷つくことを嫌います。
要は自分を愛する気持ちが強く、恥をかくことも苦手です。
恋愛においてもその傾向は変わらず、自分が傷つく前に相手を振ってしまうこともあります。
一人っ子を好きになってしまった場合は、相手をある程度立ててあげるようにすると良いかもしれません。

まとめ

愛情が深いために少々面倒な一面を持つ一人っ子。
しかし、一途な恋愛傾向にあるため、自分だけ愛してほしいという方には最適の相手といえます。
一人っ子と上手く恋愛するためには、一人っ子特有の恋愛傾向をしっかりと把握しておくことです。
あくまでも傾向なので、環境によって恋愛傾向は変わってしまいます。
しかし、共通することは大きな包容力をもって接すれば、落ちる可能性は格段に上がるということです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク