男女の永遠の課題、ラブな情報をお届け!

menu

ラブトワ

印象が大きく変わる!素敵な笑顔の作り方と作れない原因4選

「笑顔の素敵な女性になりたい」と考える女性は多いと思います。
例え美人ではなくても、笑顔が素敵な女性というのは案外異性にモテています。
しかし、無理して笑顔を作ろうとすると「顔は笑っていても目が笑っていない」といわれてしまいますし、わざとらしくなると逆に嫌な女に見えてしまいますよね。
そんなあなたは、ナチュラルな笑顔で素敵な表情を作りたいと考えているのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、ナチュラルで素敵な笑顔を作り方をご紹介していきます。
記事を読み終わるころには理想的な笑顔に変身しますので、ぜひご覧ください。

license:cc  ©:weheartit.com

素敵な笑顔が作れない2つの原因


©:weheartit.com

まずはどうして笑顔が作れないのか、その原因からご紹介します。

原因①:コミュニケーション不足

ひとつめはコミュニケーション不足が考えられます。
人とあまり話す機会がないと、恥ずかしくて上手く笑顔を作れないからです。
人見知りや内気な人があまり笑顔を見せられないのは、こういった原因も関係しているものと思われます。
対処法としては、無理して苦手な人と話す必要はありませんが、両親や兄弟、話をしやすい友人、共通の趣味をもった仲間など、話しやすい人との会話を増やすようにしましょう。

原因②:筋肉を使っていないから

普段から表情をあまり変えないという人は、表情筋が固まっている可能性があります。
表情筋が固まっていると、あなたは笑顔になっているつもりでも、他人から見たらほとんど笑っていないように見えるのです。
表情をあまり変えないという人は、目、口、鼻を大きく開けたり閉じたりして、顔の筋肉を動かすようにしましょう。

ナチュラルで素敵な笑顔の2つの作り方


©:weheartit.com

ナチュラルで素敵な笑顔を作るための方法は、以下のとおりです。

作り方①:目が笑うことを意識する

素敵な笑顔は、口だけではなく目まで笑っていることが大切です。
目が笑っていないと、周りの人たちに「うわべだけの笑顔」という怖い印象を与えてしまうからです。
笑顔なのに「腹黒い人なのかな?」「裏表がありそう」と、かえって逆効果になる恐れがあるのです。
相手にネガティブなイメージを与えないためにも、目が笑うことは常に意識しておきましょう。

母音の「ウ」「イ」トレーニング

・「ウ」と声に出しながら口をすぼめて前に出します。
・次に、口を「イ」の形にして笑顔を作ります。

このとき、口角が上がっていることや目元も笑うことを意識します。
こうすることで自然な笑顔を作ることができるうえ、小顔効果も期待できます。
このトレーニングを1分間繰り返し、1日1回行うように心がけましょう。

作り方②:鏡の前で練習する

鏡の前で笑顔を作る練習をすると、さらに効果的です。
無意識に笑顔になることは簡単ですが、楽しくないときに意識して笑う場合は、理想的な笑顔でない場合が多いからです。
自分は笑っているつもりでも、ひきつった笑顔に見えたり、疲れたような表情になっていたりすることもあるので、鏡の前で練習して自分がいまどんな表情なのか把握することは大切です。
不自然なところを直す意味でも、鏡を使って意識して練習するようにしましょう。

まとめ

今回の記事では、ナチュラルで素敵な笑顔を作るための方法をご紹介しました。
笑顔は自然にしか出せないと考えている人も多いと思いますが、仕事や対人での付き合いにおいては嫌でも笑顔にならなければならない場面も多く存在します。
また、好きな人の前で緊張していて笑顔を作る余裕がないのに、悪い印象を与えないようにするために笑顔を作る必要があるということも考えられます。
もしもあなたが表情について悩んでいるのであれば、一度笑顔について意識することをおすすめします。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク