男女の永遠の課題、ラブな情報をお届け!

menu

ラブトワ

幼稚園の運動会、盛り上がる親子競技ならこれで決まり!

秋が訪れ、幼稚園にも運動会のシーズンがやってきました。
運動会の醍醐味と言えば、やはり親子で競技することですね。
親子2人で一丸となって競技をしている姿は元気をもらえます。
園児たちのその姿が何よりも輝き素敵です。

ですが、この幼稚園の運動会を主催する側はかなり大変です。
親子でおこなう競技を考え、準備しないといけません。
そして、親子で一緒に楽しめるものでなければいけません。
せっかくの運動会の親子競技で楽しめないとなるといい思い出になりませんからね…。

そこで、どういった競技をすることで楽しい運動会になるのか紹介していきます。
どんな親子競技にしようか悩んでいる人はぜひ参考にしてください。

定番の親子競技といえば?

無難にいくとすればやはり定番の親子競技でしょう。
どんな人が競技しても楽しめるから定番になっているわけですからね。

玉入れ
大玉転がし
二人三脚
デカパン競争
障害物競争
キャタピラーレース

定番の親子競技には上記のようなものがあります。
この中でも定番中の定番と言えば、“大玉転がし”“障害物競走”でしょう。
トラブルあり、笑いありで盛り上がること間違いなしです!

少し変わったおもしろ親子競技って?

定番の親子競技だけでも盛り上がれますが、やっぱり違った親子競技も楽しみたいですよね?
定番の中にそういった競技があるだけでより楽しめることができます。

人気アニメレース

そのとき人気のあるアニメの衣装を使用する競技です。
折り返し地点を作っておき、そこにアニメの衣装を置いておきます。
スタートして折り返し地点に着くとアニメの衣装に着替えて戻ってくるというレースです。

借り人レース

中間地点にメモ用紙を置いておきます。
そのメモ用紙にはどういった人物かを書いておきます。
「白い靴を履いた女性」「黒いズボンを履いた男性」などです。
その人物を見つけてゴールまで連れていくレースです。

親当てレース

これはチームに別れてするレースです。
親には椅子に座ってもらい顔を隠してもらいます。
子供たちがスタートして自分の親を探して見つけ、先に全員ゴールしたチームの勝ちとなるレースです。

ミックスレース

いくつかの競技を合わせておこなうレースです。
例えば、最初は2人3脚でスタートし、中間地点で衣装を着替えさせた後、メモに書かれた容姿の人を探しだしてゴールする。
色んな競技を混ぜると、その楽しさも倍増すること間違いなしです。

親子競技まとめ

・定番の競技を取り入れる
・少し変わった楽しめる競技を取り入れる

運動会の主役はあくまで園児たちです。
その主役の活躍を一番楽しみにしているのは親です。
ですから、親子で楽しめる親子競技ができてこそ運動会は成功と言えます。

そのために、親子競技を考え、しっかりと準備しましょう。
そして、親子に最高の笑顔を作ってあげましょう。
そうすることで、親子にとって、最高の思い出となりますからね。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク