男女の永遠の課題、ラブな情報をお届け!

menu

ラブトワ

付き合う前に手をつなぐのはアリ?彼と手をつなぐ方法5選!

前から気になっていた彼とのデート。
しかし告白どころか手もなかなかつないでくれない…。
そんな悩みを持っている女性も多いのではないでしょうか?
最近の男性は「振られたらどうしよう」とか「恥ずかしい」といった、シャイでナイーブな人も増えているので当然のことかもしれません。
そういったタイプの男性に手をつながせるのは意外と難しいのです。

license:cc  ©:weheartit.com

そもそも、付き合う前に手をつなぐのはアリ?

中には、付き合う前に手をつなぐことに抵抗があるという方も多いかもしれません。
しかし、実はデートのときに手をつないだ方が距離が縮まるので、告白が上手くいく確率はグッと上がることになります。
初めてのデートであれば、少し距離を置いた方がいいのかもしれませんが、2回目や3回目であれば絶対に手をつなぐべきです。
女性の場合、男性から手をつないでくれるのを待っているという人が大多数なのですが、男性にはシャイな方も多く、もどかしい思いをしている女性も多いはずです。
そこで今回は彼に手をつないでもらうためのテクニックをいくつかご紹介していきたいと思います。

彼と手をつなぐ5つの方法


©:weheartit.com

彼と手をつなぐためには、以下のような方法があります。

①彼とは反対側の手で荷物を持つ

カバンを持っている手を彼がいる方向とは逆の手で持ちます。
そうすることで、男性の方から手を差し出しやすくなります。
実は彼も手をつなぐタイミングを見計らっている場合もあるのですが、荷物があると諦められてしまいます。

②服の裾や袖をつかむ

彼の服の裾や袖をつかむことで、あなたは手を繋ぎたがっているというアピールになります。
彼としては、あなたに嫌われたくない気持ちがあるため慎重になっていることも考えられます。
ただし、服が好きな男性なら内心怒っているかもしれないので、やりすぎには注意しましょう。

③手の大きさを比べる

手の大きさを比べてから、その勢いで手をつなぐという方法も効果的です。
彼が奥手なタイプであれば、特に効果が期待できますし何より自然に手をつなげます。
しかし、ここから手をつなごうとしても無理だった場合は、諦めるしかないかもしれません。

④寒そうにしてみる

時期が冬でないと使えない方法ではありますが、寒がってみましょう。
手に息を吹きかけたりこすってみたりして、様子を見ることです。
寒そうにしている女性を目の当たりにすれば、男性は放っておけないはずです。
ただし、手袋を借りるだけで終わってしまうこともあるかもしれないので、あとは運を待つだけですね。

⑤女性から手をつないでみるのもアリ!

どうしてもつないでくれないなら、思い切って自分から手をつなぎましょう。
年齢によっては世間体を気にしてデートのときに手をつながない男性、あるいは根っからシャイな男性だっています。
特に厳格で真面目な人はイメージを大事にするので、そういう姿を見られたくないのかもしれません。
しかし、そういう男性の方から手をつないでもらおうと思えば、いつになるかわからないからです。
こういう男性であっても、あなたの方から手をつなげばきっと心を開いてくれるはずです。

まとめ

いかがだったでしょうか。
今回は男性の方から手をつないでもらう方法をいくつかご紹介しました。
デートのときはこれらの方法を使って、ぜひ彼との距離を縮めてください。
距離が縮まれば付き合える確率が大幅に上がりますし、きっとデートも楽しくなるはずです。
男性は基本的に傷つきやすく慎重なので、上手くフォローすることが大切なのかもしれません。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク