男女の永遠の課題、ラブな情報をお届け!

menu

ラブトワ

恋愛に壁はなし!年下の男の子が発する4つの脈ありサイン!

女性にとって年齢は気になることの一つといえます。
そのため、年下の男の子を好きになっても、恋愛対象に含まれているのか心配という方も多いと思います。
確かに男性は若い女性が好きというイメージがありますし、不安になってしまいますよね。

そこで今回は、世の中の男性が年上女性に対して思っていることや、年下の男の子が好きな年上女性だけに見せる脈ありサインをご紹介していきます。
年下の男の子を好きになってしまったという方は、ぜひ最後までご覧ください。

license:cc  ©:weheartit.com

男性は年上女性についてどう思っている?


©:weheartit.com

実は、男性の多くは年上女性に対して憧れをもっています。
ですから、自分が年上だからといってネガティブに考える必要は全くないのです。
それでは、世の中の男性が年上女性についてどう思っているのかをご紹介していきます。

その①:甘えたい

基本的に男性間は競争社会で、たとえ友だちであっても例外ではありません。
仲がよくても、何かと比較して張り合っていることもあります。
つまり、社会であってもプライベートであっても戦い続けているといっても過言ではありません。
そういった背景により、年上女性に甘えて癒されたいと考える男性も多いのです。

その②:落ち着いている

特に若い男性の場合、年下女性と恋愛すると落ち着きがなく疲れてしまうケースもよくあります。
しかし、年上女性であれば落ち着いているので、疲れてしまうことは少ないといえます。
大人の恋愛がしたいという男性にとっては、年上女性はかなり魅力的に映っているはずです。

その③:経験を積んでいるからこその魅力がある

年上女性は人生経験を多く積んでいます。
その経験から得られることは多く、プライベートではもちろん、会社での悩みも聞いてもらうことができます。
年上女性は、自分を高めたいという上昇志向の強い男性からも好かれることは多いといえます。

年下の男の子が発する4つの脈ありサイン


©:weheartit.com

それでは、年下の男の子が気になる年上女性にだけ発する脈ありサインにはどんなものがあるのかご紹介していきたいと思います。

サイン①:背伸びする

年上女性も年下の男の子にコンプレックスがあるのと同様に、年下の男の子も年上女性に対してコンプレックスを抱くこともあります。
特に好きな女性が年上女性だった場合、「相手にされないのでは?」と考えてしまいます。
そこで、同世代の流行には興味がないといった素振りを見せたり大人ぶったりして、背伸びする傾向にあります。
背伸びをするという行為は、好きな年上女性に少しでも認めてもらいたいという気持ちの表れであると言えます。

サイン②:年下女性には興味をもたない

「男性は若い女性が好き」という固定概念をもつ女性も少なくありません。
年上女性が好きという男性にとっては、年下女性が好きと思われると都合が悪いといえます。
「うるさいから興味がない」とか「○○は子供っぽい」というように年下女性に対して毛嫌いする素振りがあれば、それは脈ありサインとみても良いでしょう。

サイン③:年上女性との恋愛経験を伝えてくる

年下の男の子は、年上女性の恋愛対象に加わりたいという思いから、年上女性との恋愛経験をアピールする場合があります。
年下の男の子からすると、年上女性から「相手にされていないのでは?」と思われることが最も辛いといえます。
ですから、今まで自分は年上女性から男性として見られていたということを知ってほしいという心理が働くのです。
「今までに〇歳年上の女性と付き合ったことがある」といったように、年上女性との恋愛経験をアピールしてくるような場合、脈ありサインといえるかもしれません。

サイン④:タメ口で接してくる

年下の男の子が年上女性にタメ口をきいている場合、本当に好意をもっているか嫌われているか二極化する傾向にあります。
もし好意があるのであれば、女性は年を取ってみられることを嫌うための配慮、あるいは距離を縮めたいという気持ちの表れです。
例えタメ口であっても、年上女性に対する敬意が込められているのであれば、それは脈ありサインといえるでしょう。

まとめ

いかがでしたか。
今回は、世の中の男性が年上女性に対して思っていることや、年下の男の子が好きな年上女性だけに見せる脈ありサインをご紹介しました。
年下の男の子と「恋愛には発展しないのでは?」と不安に思っている方も、解消されるような内容だったと思います。

基本的に多くの男性は年上女性に対してポジティブに考えているので、気持ちを伝えることに対して必要以上に恐れる必要はありません。
今回ご紹介した脈ありサインがいくつもみられるようであれば、こちらからアプローチをかけてみてはどうでしょうか。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク