男女の永遠の課題、ラブな情報をお届け!

menu

ラブトワ

年上でも平気?好きになった年下女性へのアプローチ方法6選

女性は一般的に年上の男性を好みます。
年上男性に対する憧れもありますし、年下女性を攻略するのはさほど難しくないのではないかと思われがちですがポイントはあります。

それに、最近では年下男性との恋愛もメジャーになってきていますのでライバルは同年代の男性だけではないのです。
あまりにも年が離れている年下女性からは、恋愛対象に見られないのではないかと思っている男性もいるかと思いますが、一概にそうとは言えません。

恋愛は結局年齢は関係ないのです。
好きになるときは、何歳年上だって好きになるのです。
では年下女性を好きになったときに、どのようにアプローチしていけば良いのでしょうか。

license:cc  ©:Buscavientos

1.相談に乗ってあげる

年下女性が、年上の男性に求めているのは頼りがいがあるかという点です。
同年代や年下の男性では包容力が足らず、相談しても頼りないと良く聞きます。

その点、穏やかに相談に乗ってあげることで年下女性からの印象も良いものになります。
ここで注意してほしいのが、説教がましくならないようにということです。

年下の子の話を聞くときに、ついつい説教っぽくなってしまう人がいます。
これでは相談している方が、うんざりしてしまいます。
優しく話を聞いてあげるだけで女性は満足しますから、ここはポイントです。

2.知らないお店に連れていく


©:LIN RU 哥 (改変 gatag.net)

大人のデートを演出しましょう。
同年代の男性は、居酒屋やチェーン店のレストランに連れていくところを少し高級感のあるレストランに変えてみましょう。

今まで行ったことのないところに連れて行ってくれるというだけで、大人の魅力がありますし、次はどんなところに連れて行ってくれるのか楽しみになります。
今までにない体験や、今までにない世界を見れることで女性はドキドキしますし、それだけで惹かれるものがあります。

3.年下女性がげんなりすることは避ける


©:雨慶

女性は年上男性に大きな期待をしています。
男性からしたら年上というだけで、ハードルが上がっている部分があります。

そこで、年上男性っぽくない行動をしてしまうと女性はがっかりしてしまいます。
女性が期待していることを知り、がっかりさせないように努力しましょう。

特に気を付けたいポイントが以下の通りです。

・女性に媚びない。
・年上だからと上から目線にならない。
・細かいことをグチグチ言わない。
・頑固になりすぎない。
・束縛しない。

年上ならではの余裕をもってアプローチしましょう。

4.ベタなサプライズをさりげなくする

同年代の男性は、意外とベタなサプライズが苦手だったりします。
同年代ということで同レベルの目線で見られていると意識するのでしょうか。

サプライズはあまりしないように思います。
そこで、あえてのサプライズです。

今まであまり経験したことのないベタなサプライズを余裕をもってされるとドキドキしてしまいます。
これで揺らがない女性は、なかなかいないのではないでしょうか。

5.精神的な安心感を与える


©:Jack Wu’s Photos 吳泊峻 (改変 gatag.net)

年上男性に求めることと言えば安心感です。
年下男性のように、遊ばれるんじゃないかと心配したり、同年代の男性のように自分も頑張らなければと片意地張る必要もありません。

余裕のある年上男性の安心感に思いっきり甘えたいと思うのが女性の本音ではないでしょうか。
彼女の心のよりどころとなれるようにアプローチしていくのが効果的です。

6.おじさんではなくお兄さんを目指す


©:Jamie Schaap

一番心配なのが、おじさんに見られてしまうことです。
おじさん認定されてしまったら、その後恋愛対象として見られるのは至難の業です。

まずは、おじさんではなくお兄さんとして見てもらえるようにしましょう。
ファッションセンスや髪形、話し方など不自然にならない程度に若く見せましょう。

年下女性の年代の話題を勉強して、ボキャブラリーを広げておくのも有効です。
ジェネレーションギャップを感じる年齢差なら、なおさら幅広い話題についていけるようにしておきましょう。

まとめ

恋愛に年齢は関係ないと冒頭に書きましたが、今や年齢差カップルは普通のことです。
少し年下、10歳年下、この二つが同じアプローチで良いのかといえばそうとは言えませんが、年下女性が年上の男性に求めていることはさほど変わりありません。
好きな気持ちに正直に、年齢に負けず頑張りましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク