男女の永遠の課題、ラブな情報をお届け!

menu

ラブトワ

これでバッチリ!年下男子をイラつかせない恋愛の注意点5選

年下男子と気持ちよく恋愛がしたいのなら、イラッとさせないことが1番大事ですね。
どうしても年上だからと思うところが、どうも年下男子の気分を台無しにさせてしまうんです。

自分では気が付かないところがあり、いつの間にか険悪な雰囲気になってしまう。
そんなことにならないように、じゃあどうしたらいいの?と思ったあなたに、 こんなことをしなければ、素敵な恋愛ができるテク5つをご紹介します!

license:cc  ©:alonsavior

1.心配し過ぎないこと

年上女性は、どうも年下男子が可愛いあまり、行動がとっても気になってしまいます。
電話に出なかったら「どうしたの?」と何度も聞くし、「きちんと栄養を考えた食事はしたのか」とメールを何度も送ってしまったり。
まったく心配しないのは不安だけど、あまりにも母親のように心配し過ぎると、「うざい」になってしまいます。

うざがられて嫌われない為にも、

・聞きたくなったら深呼吸をして気持ちを落ち着かせる
・音楽を聴いて気を紛らわせる
・逆に心配してもらえる綺麗な女性になる

という工夫をしてみましょう。

2.神妙な顔をしない


©:acworks

ついつい30代にもなると、若者の好きなカルチャーや考えに首を捻りたくなることってありますよね。
でも、よく考えてみれば、自分の若い時にだってやっていたことが、年上の人から見れば「?」と思われていたかもしれません。

スカートのようなボトムを穿いても、おにぎりを食べてコーラを飲んでもいいんです。
それを見ながら神妙な顔をしたら、年下男子の気持ちは離れてしまいます。

スカートのようなボトムを見たら「個性的で素敵ね」と言ってみましょう。
おにぎりを食べてコーラを飲んだら、自分も真似してみる。
一緒に共感してくれる年上女性が好きなのが、年下男子なのです。

3.年だからと言わない

どこか30代半ばにもなると、歩くのがゆっくりであったり、座りたがる行動を見せてしまいます。
これって年下男子から見ると、とてもがっかりするんですよ。
やっぱり年下女子の方がスタスタ歩くし、行動的だからそっちにしようって思われちゃいます。

歩くのが疲れたら「はあ、もうダメだな。年だから」と言わずに、「ごめん、ちょっと座ってもいいかな?」と言ってみましょう。
座りたい時には、素敵なカフェや緑があるベンチを見つけて「ね、座って話そう」と言ってみましょう。

4.せっかちにならない


©:Zack Minor

年上男性でも嫌だなと思うのが、女性のせかせかしたところです。
大らかな年上男性なら合わせてくれるかもしれませんが、若い年下男子には通用しません。
どうも世話したくなってしまう年頃になると、先に先にと行動してしまうところがあります。

でも、これではせっかくのデートも面白くなくなっちゃう。
年下男子と一緒にいる時くらいは、落ち着いた気持ちを持ちましょう。
年下男子を優先する気持ちを持ち、後から行動をするようにしてみるといいんです。

5.昔の話に浸らない


©:Quang Anh Photography

ほんとに年下男子をがっかりさせてしまうのが、昔の話に浸ってしまうことです。
「昔は景気が良くて良かった」だの「20代の頃にはできたんだけどねえ」と言うような年上女性って魅力的に思えません。

それに、過去を振り返ってはため息をつき、悲しい表情をするだなんて、もう嫌われますよ。過去を捨てて、今を楽しみましょう。
年下男子をしっかりと見つめて、「この人だけを愛すんだ」という気持ちを持ってお付き合いをしましょう。

まとめ

年下男子だって、年上女性と素敵な恋愛がしたいんです。
愛してあげたい気持ちを上手く伸ばすには、やっぱり年上女性の行動や言動が肝心なのです。

ちょっとしたことでイライラっとさせて嫌われないためにも、自分を見つめる努力をしてみましょう。
見つめることで、どんなことに注意をすればいいか、自ずと分かるものです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク