男女の永遠の課題、ラブな情報をお届け!

menu

ラブトワ

年下男子と念願のデート!その際に女性が気を付けるべきこと

憧れの年下男子とデートが出来るとなったときに、女性は嬉しさのあまりヘマをしてしまうということが多々あります。
オシャレもしたいし、自分のことも知って欲しいし、彼に好かれたいと思う気持ちは凄くわかります。
しかしそんな気合バッチリなデートに限って二回目のお誘いはなかったりします。

そういうと、何だか年下男子とのデートは難しいように感じますがちょっとしたコツがあります。
そこで、「年下男子とのデートの際に気を付けておくべき6つのこと」をお伝えします。

license:cc  ©:Infomastern

1.若作りしない

相手が年下男子だからと言って、若作りはやめましょう。
大人な雰囲気の年上女性に惹かれてデートをしているのだから、若作りしてしまうと魅力が半減してしまいます。

男性に合わせた服装ではなくて、いつも通りのファッションで十分です。
メイクも若い子のように、アイラインを強調するような方法ではなく、自然な落ち着いたメイクを心がけましょう。

年下男性は落ち着いた、大人らしい雰囲気に憧れていますから、そこを忘れないようにしましょう。
ありのままの自分で十分魅力的です。

2.年下ということを気にしない


©:Thomas Leuthard

女性側からしてみれば年下ということにも魅力を感じてデートをしているのですが、相手にそれを悟られてはいけません。
年下だからと気にしていては、男性としては何だか馬鹿にされているようですし、子ども扱いされているようで良い気はしません。
「若いから~だよね」や「若いから良いよね」のように若い子扱いされてしまうと、恋愛対象として見る気がうせてしまいます。

経験や知識は年上である女性の方があるでしょう。
でも、それをあえて言う必要はないですよね。
相手なりの頑張りでデートをしているのだから、相手を立てて一人の男性として向き合いましょう。

3.奢らない

相手がかわいい年下男子だからと言って何でもかんでも奢るのはやめましょう。
年下と言えど一人の男としては格好つけたいところです。
年上でお金があるからと言っても、そんな男心を傷つけることはしてはいけません。

もしも、割り勘しようという提案があれば、そのときに割り勘にすれば良いだけで、判断は男性に任せた方が無難です。
あまりに奢りすぎたり、なんでも買ってあげてしまうと、恋人というよりヒモのような関係になってしまいますので注意しましょう。

4.話はちゃんと聞く

年齢差があると会話の内容や価値観に差が出てくるのはしょうがないことです。
彼が真剣に話している内容も自分にはかわいい弱音に聞こえてしまうかもしれません。

そこで、「その考えは違う」や「それは甘えだ」などの説教じみたことを言ってしまうと、プライベートでも怒られているようで気分が悪くなってしまいます。
間違っていることは間違っていると教えてあげることが大事ですが、言い方を考えて彼を否定しないようにしましょう。

5.少しのことで幻滅しない


©:胖胖豬

年下男性が好きと言いつつ比べてしまうのは同年代の男性ではないでしょうか。
同年代の男性と比べて経験も少ない年下男性は、頼りないと感じてしまう部分が多々あるのではないかと思います。

気が利かなかったり、「なんでこんなことも出来ないの?」と思うこともあるかもしれません。
しかし、そこで幻滅してしまっては彼がかわいそうです。
彼なりに一生懸命頑張っているところを認めて、そんなところも含めて彼だというところを再確認しましょう。

デート中に幻滅してしまうと、その日一日が台無しです。
どんな彼が見れるか楽しみにし過ぎて、勝手にハードルを上げてしまうという事態だけは避けましょう。
色々な彼を見れることを楽しみにデートを楽しみましょう。

6.常に気を配る


©:メイジ

気を使われているという気遣いは疲れてしまいますが、さりげない気遣いはかなりの好感度アップポイントです。
デート自体もスムーズに進みますし、彼も自信をもって一日を過ごすことが出来ます。
具体的にどんな気遣いが効果的でしょうか。

・ドライブではナビ役に徹する
ドライブデートの場合、一番テンションが下がることは道に迷うことです。
時間も労力も無駄になってしまいます。
そんな時に楽しくナビをしてくれると男性も安心できます。

・ハンカチを差し出す
食事中でも、服に汚れがついてしまった時でも、さっとハンカチが出てくると恥をかかずに済みます。

・大きめのバッグを持っていく
男性は荷物が少ないですし、バッグを持ち歩かない人もいます。
買い物をしたときなど、バッグに入れて代わりに持ち歩いてあげることが出来ます。

少しの気遣いで、気が利く大人な女性を演出することが出来るかもしれません。

まとめ

年下男子とのデートにウキウキしすぎてはいけません。
年上だから!ということを前面に出す必要はありませんが、年上らしさを出せる部分では年上をアピールできると思います。
それには冷静さが必要です。
デートを楽しみつつも、アピールできるように頑張りましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク