男女の永遠の課題、ラブな情報をお届け!

menu

ラブトワ

卒業式で感動を生む答辞の書き方、例文とは!?後編

それでは、気を取り直して例文の方を紹介していきます。
この例文は実際に学校で読まれた答辞の文章を参考にしているので、かなり役立つと思います。
ぜひ参考にして見てください。

答辞の例文


冬の季節が終わりを告げ、春の訪れを感じさせる頃になりました。
本日は、多数の御来賓・保護者の皆様に御出席いただき、このような盛大な卒業式を挙げていただきますことを卒業生一同、心より御礼申し上げます。

私達がこの○○学校に入学して、3年がたちます。
この3年間は、あっという間に過ぎたような気もすれば、すごく長く感じたような気もします。

私はここで入学式を迎えたときは、新しい生活が始まることに対して、喜びと不安がありました。
ですが、その不安はすぐに消えてなくなりました。
それだけ新しい生活に対しての期待が膨れ上がったからです。

そして今、卒業式を迎え、新しい生活に喜びと不安を感じています。
ですが、その不安はすぐに消え、期待が膨れ上がることを感じています。
そう感じられるのも、この○○学校の3年間で学んだからです。

○○学校ではたくさんのことを経験しました。
特に私が印象に残っているのは、運動会や修学旅行です。
ここで初めてたくさんの人との共同作業を経験させていただきました。
1人では大変なことでもみんなで力を合わせれば達成できること。
仲間たちと力を合わせて何かを達成することが、どれほど素晴らしいことかということも学びました。

私が大好きな歌に、こんな歌詞があります。

「当たり前の日々なんかない 支え合える友が教えてくれた
たとえどんなに遠く離てもわかってるよ 僕らしくわらってくさ」
この歌詞のように思える大切な友が私にもできました。
彼らのおかげで、私はこの3年間素敵な思い出を作ることができました。
この友と出会えたことが、○○学校生活において、なにより幸せなことです。

3年になると進路を決めなくてはいけません。
このとき先生方には本当にお世話になりました。
私がどれだけどんな質問をしても嫌な顔一つせずに親身に答えてくれました。
先生方のこれまでの人生経験から多くのことをアドバイスしていただきました。
そして、ある先生の言葉が私のターニングポイントとなりました。

その言葉とは、「誰かのために進路を決めなくていい。ただ自分のため、自分が目指す将来のために進路を決めなさい。」

この言葉のおかげで私は決心し、自分の行きたい進路に決めることができました。
その結果、私の進路は満足のいくものとなりました。
これもすべて、先生方のおかげで感謝してもしきれません。

そして、いつも陰ながら私たちの学校生活を支えてくださった事務員の方々のおかげで、安心して学業に励めたことに感謝いたします。
また、こんな私のことを○○年間ずっと支えてくれた家族にも感謝します。
特に、この1年間は心配をかけましたが、理解し、信じて見守ってくれて本当にありがとう。

色んな人の支えがあって3年間充実した学校生活を送ることができました。
本当に感謝しています。
そして、これからもよろしくお願い致します。

在校生の皆さん。
私達が旅立った後は、あなた達が○○学校を支える立場になります。
これから色んな困難にぶつかることもあるでしょう。
ですが、それは成長の過程だと思い乗り越えてください。
心が折れそうなときは、素晴らしい先生方の言葉を聞いてみてください。
きっと何か光が見えるはずです。

そうして、何か目標をもって取り組んでいくことが、あなたの人生にとっての財産になるということを忘れないでください。
だから、その目標に向かって信じてやりきってください。

最後になりましたが、○○学校の更なる発展と皆さんのご健勝を心から祈りつつ、答辞の言葉とさせていただきます。
本日は、本当にありがとうございました。

まとめ

いかがだったでしょうか?
少しは答辞の文章がつかめたでしょうか?
前のページで紹介していた、書き出し、本文、書き終わりの要点をつかんでもらえば比較的書きやすいと思います。 

あとは、自分への学校や先生に対する思いを全面に出せば、きっといい文章になると思います。
あなたの考えた答辞で、ぜひ卒業式を感動の渦に巻き込んであげてください。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク