男女の永遠の課題、ラブな情報をお届け!

menu

ラブトワ

幸せになりたい!略奪婚したカップルの幸せになる5つの方法

略奪婚はどうしても付き合っている人から恋人を奪って付き合うものですから、なんとなく罪悪感に包まれることがあります。
でも、自分でも好きという気持ちを抑えきれない。

ただ、後ろめたい気持ちのままでは、せっかく好きな人との恋愛も楽しくなくなってしまい、良いお付き合いができないですよね。
そんな略奪婚したカップルが幸せになる方法をご紹介しましょう。

license:cc  ©:weheartit.com

幸せな略奪婚のカップルの特徴


©:weheartit.com

では、幸せな略奪婚のカップルに見られる特徴をいくつか挙げていきたいと思います。
当てはまる数が多いほど幸せだと分かるので、チェックしてみましょう。

一緒にいてとても楽しい

幸せな略奪婚のカップルに見られる特徴としては、一緒にいるだけでも楽しいと思います。
一緒にいるだけでも気持ちが繋がっているような感じがして、一体感を感じるのです。
同じ時間を過ごすことに幸せを感じますし、今の時を共有していることに驚くほど嬉しさを感じるのです。

話さなくても気持ちが通じる 

本当に幸せな略奪婚カップルは、話さなくても気持ちが通じます。
愛しているからこそ、アイコンタクトだけで気持ちが通じるわけです。
見つめ合う回数も多く、抱き合っては静かに過ごす時を楽しむことで、ますますお互いの愛情を深めます。

キスをする回数が多い

幸せな気持ちだから、キスをする回数が多い特徴があります。
愛しているからこそ、どんどん積極的にキスがしたくなるのです。
相手がとても可愛いと思いますから、愛情を伝えたいと思い、自然と回数が多くなるのです。

人前でも手を平気で繋げる

人前でも幸せだから、平気で手を繋いでは楽しく歩くことができます。
腕を組んではキャッキャッとできますし、抱き合ったりすることも平気です。
愛し合っているからこそ、こういった愛情表現も恥ずかしいとは思わないので、できるのです。

楽しませることを考える

略奪婚でも幸せなカップルなら、お互いに楽しませてあげようとする工夫をします。
会話もより楽しくしようとするから、クイズ形式にしてみたり、ロマンチックに話してみることもできるのです。
デート先も彼女のために楽しい遊園地や水族館に積極的に連れて行ってあげようとも考えたりします。

略奪婚でも幸せになるための5つの方法


©:weheartit.com

それでは、略奪婚でも幸せになれる方法をご紹介します。
これらの方法を取り入れることで、きっと幸せになれるはずです。

①相手と同じことをする

略奪婚でも、相手と同じことをすれば、より愛情を深められるのです。
同じことを考えたり、共同で1つのことをやり遂げると、お互いに親近感がわきます。
すると、心も通じて、より楽しいお付き合いが出来るのです。

②相手のことを思いやる

相手のことを思いやる気持ちを持つことで、より相手に愛情ある行動が出来るようになります。
寂しそうにしていればどんな方法で慰めてあげれば癒してあげることができるのかも分かります。

今の相手の気持ちが分かれば、もっと愛し方も分かるようになります。
これが、より良い関係を築き、幸せになれる方法なのです。

③サプライズをする

いかに相手に驚きと感動を与えられるかで、もっと愛し合えるカップルになれます。
相手の誕生日にはパーティのように色々なお菓子やスイーツを置いて驚かせてみるといいですね。
大きなぬいぐるみや、何十本という大きな花束を綺麗にラッピングしてはプレゼントするのも嬉しい気持ちになります。

④甘えさせてあげる

略奪婚だからと遠慮してしまい、なかなか甘えさせてあげることができないことってあります。
でも、そんな遠慮する気持ちを捨てて、甘えさせてあげましょう。

・膝枕をしてあげる
・腕枕をしてあげる
・ナデナデしてあげる
・料理を食べさせてあげる

色々な甘え方がありますから、自分がやって欲しいと思う甘えたい方法を選んでみましょう。

⑤笑えることをしてあげる

笑えることとは、お笑いのコントを観に行くとか、ダンスを踊ってみるなどでいいんです。
美味しい料理を一緒に話しながら作ってみたり、美味しいお店を探しに行くのもいいですね。
ドライブをして海に行って泳ぐとか、温泉に入りに行く、水族館にショーを見に行くのもお互いに楽しくなりますよ。

まとめ

略奪婚のカップルが幸せになる方法は、ちょっとのコツで変わるんです。

・相手と同じことをする
・相手のことを思いやる
・サプライズをする
・甘えさせてあげる
・笑えることをしてあげる

どれでもいいので、これらのことを取り入れてみれば、より幸せなお付き合いに変わるのです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク