男女の永遠の課題、ラブな情報をお届け!

menu

ラブトワ

男心の本音が知りたい!恋愛に関する男性の6つの価値観とは

恋愛においての男性の本音って実際どうなんでしょう?
女性としてはかなり気になる部分ですよね?

恋愛に関する様々なシチュエーションの中で、実際の本音はどうなのか。
女性の知らない、男性の本音を追求したいと思います!
それでは、「恋愛に関する男性の6つの価値観」を一つ一つ見ていきましょう。

license:cc  ©:fiddleoak

1、好きな人の前で別の女性と楽しく話す男心の本音は?

なぜわざわざ好きな人の前で別の女性と楽しく話している姿を見せるのでしょうか?
そんな勘違いされるようなことをするのには以下の理由があります。

・好きな人に自分が好意を寄せていることを知られたくない。
・好きな人にやきもちを妬いてもらいたいから。
・好きな人の反応を見たいから。

好きな人の前で、わざと別の女性と話すことで、自分の気持ちを悟られたくない。
また、自分に対しての気持ちを探ろうとしているのです。

2、機嫌が悪い時の男心の本音は?


©:Amgad Fahmi Photography

男性が機嫌悪くなると女性としては困りますよね?
おそらく、女性よりも男性の方がたちが悪いでしょう。

「機嫌を悪くさせたのはおまえなんだから機嫌取るのは当然。
機嫌悪くさせといて放置するとかありえない。
俺が機嫌良くなるまで相手して当たり前だろ!」

どうですか?かなりたちの悪い考え方ですよね?

しかも、機嫌良くなるために相手をしているのにずっと不機嫌なままで挙句の果てには無視する…。
本当にめんどくさくてたまらないですよ。

3、束縛を嫌がる男心の本音は?


©:Stephen Poff

男性は実はそんなに束縛を嫌がってはいません。
むしろされた方が嬉しく思っています。

束縛をされると言うことは、自分のことを好きで夢中になってくれている証拠です。
そんな風に思ってくれているのに嫌がる男性はいません。

ただ、過度な束縛は嫌がります。

・毎日誰と会ってどこに行くのか全部言わないといけない。
・どんな時でも一緒じゃないといけない。
・メールを見られる。

さすがに、こういったことをされると男性は嫌がります。
適度な束縛であれば、男性は嬉しく思ってくれるのです。
男性が嬉しく思う束縛については、『男性が喜ぶ「プチ束縛」を使いこなして彼の気を引く6つの例』のページを合わせてお読みください。

4、本当に好きな人の前での男心の本音は?

本当に好きな人の前では、別の女性とは違った態度をとります。
その態度は見ていてあからさまに分かるほどです。

・本当に好きな女性にだけ特別優しくする。
・本当に好きな女性とは距離感が近くなる。
・本当に好きな女性にだけボディタッチが多い。

「絶対あの人あの子のこと好きだよね?」って言いたくなるほど態度に表れます。
好きすぎて、態度から本音をさらけ出している状態ですね。

5、突然冷たい態度をとる男心の本音は?


©:CAF Photographer

ある時突然冷たい態度を取り出す男性。
女性からすると身に覚えがないから意味が分からない。

女性には分からないことでも、男性側には当然ですがちゃんと理由があります。
その突然の変化には2つの理由が考えられます。

・女性からは突然でも何かきっかけがあった。
・これまで蓄積されてきたものがとうとう爆発した。

女性が気づかない間に、何か男性に対してしてはいけないことをしてしまったパターン。
実は女性のことを良く思っていなかった男性が、限界にきてしまったパターン。

こうなってしまっては、女性のことを嫌いになってしまっているパターンが非常に多いです。
ですから、男性が突然冷たい態度をとるということは、その女性のことを嫌いになったと言えるでしょう。

6、彼女を作らない男心の本音は?


©:Toni Blay

最後は彼女を作らない男性の本音に迫りましょう。
これには、2つの男性の本音が隠されています。

①特定の女性を作らないで色んな女性と遊びたい

彼女を作ってしまうと、当然自由に遊ぶことはできなくなります。
彼女と言う存在に縛られてしまうわけです。

もっと色んな女性と遊びたい男性からすると無理な話です。
簡単に言うと、ただの女好きの男性の本音です。

②過去の恋愛から彼女を作ることにこりごりしている

❝彼女❞という存在がいたことで、この男性には嫌な思い出しかありません。
その過去の思い出を引きずって、彼女ができても同じことを繰り返してしまう。

新しい恋愛に一歩踏み出せないでいる状況です。
簡単に言うと、トラウマが消えない男性の本音ですね。

まとめ

恋愛に関する男心の本音を追求してみましたがいかがだったでしょうか?
普段の生活の中では知ることのできない本音だと思います。
これを機に、男心の本音を追求してみてはどうでしょうか?

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク