男女の永遠の課題、ラブな情報をお届け!

menu

ラブトワ

なぜ?めんどくさい女なのにはまってしまう男性の4つの心理

めんどくさい女の子っていますよね。
ワガママだったり、気分屋だったり、メンヘラだったり。
同性の目から見ても、この子めんどくさ!って思うような女の子。

でも、そういう女の子に限って、なぜか彼氏が途切れなかったりするんですよね。
めんどくさい女の子の隣には、なぜかいつも尽くしてくれる優しい男性がいる・・・これはどういうカラクリなのでしょうか?
今回は、めんどくさい女なのにはまってしまう、男性の心理についてご紹介します。

license:cc  ©:aken0803

1.この子以上に自分を必要としている人はいないと感じる

すべての男性がそうではありませんが、「自分が求められている」、「自分が必要とされている」ことに、とても大きな価値を見出す男性も、一定数いるんですよね。
そういう男性に限って、彼女に振り回されて困ってるという話題に対してアドバイスをしてあげると、「まあ、でも、俺じゃなくてもいいなら、俺の必要性ねえなって思うから。」なんて言います。

2.自分だけがこの子を理解してあげられると思う


©:怕水的青蛙

めんどくさい女の子って、自分の弱味を男性に見せるのが上手なんですよね。
強がっていたり、人前ではたくさん気を遣っていたりする彼女ですが、「…でも本当の彼女は、自分しか知らない。」という強い気持ちを、めんどくさい女の子とお付き合いしている男性はたいてい抱いています。
「俺以上に彼女のこと分かってる人間っていない」という気持ちって、すごく男性にとってプライドをくすぐるみたいですね。

3.自分がいないとこの子はだめだと思う

そして、だんだんそれらの気持ちが、恋愛の延長線上で、彼にとっての「義務感」になってきます。
雨に打たれている子犬を、見捨てていくことはできませんよね。

「この子は自分を必要としている」、「この子のことを俺以上に理解できる人間はいない」、こういう気持ちが慢性的になっていくと、だんだん「この子を見捨てるわけにはいかない」、「俺がいないとこの子はどうにかなってしまう」、「自分がいないとこの子はもうダメなんだ」と、そういった義務感に変わっていきます。

そして、その彼女の存在が、自分自身のためにも必要不可欠になっていきます。
共依存状態でもありますね。

4.めんどくさいというデメリット以上に、魅力がある


©:maya_7966

めんどくさい女の子なのにはまってしまう男性の心理には、(1)〜(3)以外のケースもあります。
それは、とっても彼女が魅力的な女の子である場合です。

すごく美人だとか、すごくスタイルが良いとか、すごく巨乳だとか…。
女の子としてのそういった魅力の前では、ちょっとしためんどくささなんて大した問題ではないんですよね。

こう言ってしまっては身も蓋もありませんが、すごく美人でナイスバディなめんどくさい女の子と、あまり可愛くないけどすごく性格が良い女の子だったら、すごく美人でナイスバディなめんどくさい女の子の方が圧倒的にモテるのです。
もちろん後者を選ぶ男性もいますが、若い男性ほど前者を選ぶ確率があがります。

まとめ

今回は、めんどくさい女の子なのにはまってしまう男性の心理を、4つのパターンに分けてご紹介しました。
「この子以上に自分を必要としている人間はいないと思う」、「自分だけがこの子を理解してあげられると思う」、「自分がいないとこの子はダメだと思う」と言ったいわゆる共依存の心理が働くケースをご紹介しましたが、たしかにあのカップルってそうかもな・・・と思い当たるカップルもいらっしゃるのではないでしょうか。

また、そういった心理のほかにも、めんどくさいというデメリット以上に、彼女に抗えない魅力があるというケースについてもご紹介しました。
美人には勝てないというか、美人だから許されるというか、それも絶対的な真理ですね。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク