男女の永遠の課題、ラブな情報をお届け!

menu

ラブトワ

相手の心は丸見え!?口癖で分かる4つの恋愛心理とは?

恋愛をしていて相手の心が読めたら良いのになと思うことってありませんか?
自分のことをどう思っているのだろう、この人は本当にこんなに良い性格なのだろうか、裏があるのではないか。
恋愛相手や相談相手を疑うことはいけませんが、何かしら自分で探ることが出来れば良いのになと思うことってあると思います。

そこで覚えておきたいのが、口癖です。人間だれしも口癖がありますよね。
その人の口癖の特徴で、性格や心理状態がわかってしまうようです。
ポイントをおさえて説明しますので、参考にしてみてください。

license:cc  ©:mario Montoya

1.自己中な人の口癖

「つまり」「要するに」と話をまとめるような言葉を何度も使う人は自己中心的な人です。
「要するにさ~」と話の結論を出そうとする人がいますが、それは恋愛市場では嫌われてしまいます。

誰かが話した内容でも、話をまとめられると一気に自分に注目が集まります。
そんな注目が集まる状況が好きなので、無意識に全体の話をまとめてしまうのでしょう。

しかし、話題の提供者としては、せっかく話した内容をすべて持っていかれる感じがして良い気がしませんよね。
当の本人は、話を遮って打ち負かそうなんて思っていませんし、それが原因で自己中と思われても不服だと思います。
完全に無意識の状態で起こっている事象なので困ったものです。

この手の人は、自己評価が高く自分が人の上に立つことがふさわしいと考えている節があります。
恋愛市場の上で、話をまとめる人と出会ったら、とにかく認めてあげましょう。
「それは違うんじゃない?」や「私はそうは思わない。」など否定されるようなことを言われると嫌われます。
注目されることが好きだから、自分を認めて評価してくれる人を好む傾向があります。

2.「あなたのため」は本当は自分のため?


©:acworks

特に女性同士に多い発言のような気がしますが、「あなたのために言っているの!」という言葉には裏があります。
あなたのために相談に乗っている優しい自分、というのはもちろんですが「あなたのために頑張っている自分」に酔っている部分があります。

良くある話で「あなたのためには、あんな男と付き合わない方が良いわ」なんて言っていたのに、当の本人がその男性と付き合っていたなんてことがあります。
「あなたのため」は「自分のため」に置き換えられるのです。

異性との付き合いでもそうです。
相手のためにと尽くしている自分が本当は一番好きなのです。

一方的な好意は、時に相手にとって負担になることもあります。
お互いのバランスの取れた状態が一番ベストだといえます。

「あなたのため」「あなたのため」といって、自分の行動を変えようとしたり意見を押し付けてくる人には注意が必要です。
自分の思い通りにあなたをコントロールしようとしているかもしれません。

3.自信のなさは口癖で見抜ける

自信過剰に見えて実は全然自信がなかったなんて人もいますよね。
そんな自信のない人も口癖で見抜くことが出来ます。

いつもこんな言葉を繰り返し使っている人はいませんか?

・一応
・とりあえず
・~みたいな
・まぁ

以上の口癖は、自分に自信のない人が良く使う言葉です。

このような言葉が口癖の人は、自信をつけてくれる人を好みます。
自分の自信のなさは隠しておきたいのですが、それゆえに褒めてもらいたい気持ちや認めて欲しいことを口に出せずにいるのです。
そこを見抜いて自信がつくような対応をしてもらえると、一気に距離が縮まります。

4.忙しいからは褒めて欲しいだけ


©:panmukola0

忙しいを理由になんでも済ませようとする人いますよね。
なんだかそんな風に言われると、距離が生まれてしまうので「忙しい」が口癖の人は勿体ないなぁと思います。

しかし、忙しい忙しい言っている人はただ単に褒めて欲しいだけなんです。
「頑張ってるね、また時間があるときに会いたいです。」と言ってもらうだけで、俄然頑張れるのです。

忙しいからって約束を断って高飛車な奴だと思うのではなくて、頑張っている自分を褒めて欲しいんだなと理解してあげましょう。
きっと好感度がグンと上がります。

まとめ

色々な口癖がありますが、結構注目してみると性格の分析が出来そうですね。
恋愛をしている中で、相手の気分や性格を口癖で見抜くことが出来れば親密度も上がりますよね。
気になる相手がいる人や恋人の裏の顔(!?)を見抜くのにぴったりかもしれませんよ。
活用してみてください。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク