男女の永遠の課題、ラブな情報をお届け!

menu

ラブトワ

シチュエーション別!男性に告白して成功した女性の名言集!

最近は、自分から告白する男性が少なくなってきているといいます。
それとは反対に「自分から男性に告白する」という積極的な女性が増えてきています。

最初から積極的に告白するというよりも、なかなか進展しない状況に煮え切れなくなって、告白するという女性も多数いるといいます。
今回は、「自分から告白をして成功を勝ち取った女性達の告白の名言」をお伝えしようと思います。

license:cc  ©:@レイ

1.年下の男性への告白で成功した名言

年下男性を射止めるのは、とてもシンプルで簡単と言われています。
年上の男性と違い「駆け引き」が通用しやすいというところからです。
こちらの思惑通りにいきやすいのも、人生経験や恋愛経験の浅い年下の男性だからこその事。

しかし、こちらが結婚を焦っている事や、出産までのリミットを考えている事などを話してしまったり彼に悟られると、告白成功の難易度が上がってしまいます。
彼に「自立していてなかなか手に入りにくい女性」だと思ってもらう事がポイントです。

具体的に、大人のオンナのテクニックを駆使して”彼から告白させる為の名言”を使い、見事射止める事ができたある女性の例をご紹介します。

何度か食事やデートを重ね、ドライブデートの帰りの車の中で、 
「ねぇ、キスしていい?」
「…いいですよ」
「う~ん。でも彼女じゃないから、やっぱりやめよっと。」

というやり取りをして、その日は何もせず帰宅したそうです。
すると次のデートの時に、彼から告白された。

という例です。
彼が告白しやすい状況やタイミングを作ってあげた事と、大人の色気を上手に利用した名言です。

2.年上の男性への告白


©:ユキ

年上の男性は、自立していて頼りがいのある女性よりも「俺が守ってあげないと。」と思えるような頼りない”女の子”が好きだといいます。
とはいえ「年齢的に女の子って…」というアラサー女性も問題ありません。
年上の男性からすると、自分が見栄を張れたり、格好つける事が出来る相手は”女の子”としてその目に映るのです。

「ずっと彼女にしてくれるの待ってたんだけどね…。このまま待ってたら○○さんが他の女性に取られちゃうんじゃないかって不安になって。だから彼女にしてくれませんか?」

このように告白して見事、彼女に昇格できたという例があります。
しおらしさと健気さをアピールしつつ、しっかり答えを出してもらえるような”可愛いお願い”をした所がポイントだった名言です。

3.同い年や幼なじみの男性への告白

幼なじみのような関係の男性や、ずっとただの友達だと思っていた相手に対して、急に意識しはじめて「付き合いたい」と突然に思う事ってありませんか?
告白する事で、今までの関係を壊してしまうんじゃないかと不安にもなりますよね。
しかし、好きになってしまった気持ちを隠しながら、今まで通り接する事も難しい…という時の告白の名言をご紹介します。

「今日は○○君に大事なお願いがあるんだけど聞いてくれる?」
「どうしたの?」
「ずっと友達だと思ってたんだけど、○○君の事好きになっちゃったの。 私とお試しで付き合うか、ちゃんと付き合うか、どっちか選んで欲しい」

告白するタイミングや二人の関係性なども成功率に大きく関わってきますが、この名言の場合は2択のどちらを選んでも「付き合う」という結果は変わらないので、成功したという例です。
この女性は、彼から「お試しで付き合う」と答えてもらってから、もう1年付き合っているとの事です。

4.男らしさが足りない男性への告白


©:ユキ

年齢は関係なく、男らしさが足りない男性はたくさんいます。
優柔不断だったり、頼りなかったり…意志が弱い男性の事を”男らしくない”と思う事が多いかと思います。
そんな男性の場合は、女性からはっきり告白して背中を押してもらい、付き合う事になるパターンが多いようです。

「私の事好き?」
「え?なんで?」
「私は大好きなの。だから今日から○○君は私の彼氏ね!」

このように女性が”姉御肌”を発揮し、物事をリードしてあげる事が成功の秘訣かもしれません。
いつもナヨナヨしていて、優柔不断で色んな事を決められない彼に”ハッキリ”させる告白の名言です。

5.男らしい男性への告白


©:胖胖豬

頼られる事で、その男らしさを発揮する「男気」あふれる男性。
最近はそんな男性も減ってしまいましたが、まだまだ少なくはありません。
そんな男らしい男性への告白での名言をご紹介します。

「○○君がずっと居てくれないと、私なにも出来ないかも」

彼の「男気」パワーをさらにアップさせるような告白の名言です。
男らしく頼もしいからこそ、黙って静かに見守ってくれている男性も中にはいます。
そんな男性に「これからもずっと一緒にいて」とお願いをし、きちんと自分のモノにする為の名言です。

まとめ

以上、自分から告白をして好きな相手を射止める事が出来た成功者の名言をお伝えしました。
女性は相手の男性に合わせて、その態度や言動を柔軟に変化させる必要があるのかもしれません。

「相手によってころころ態度変えるなんて…」と思われるかもしれませんが、「付き合う」という決定を先送りにしてしまう男性が多くいる中、待っているだけではライバルに横取りされる可能性も大いにあります。
「恥ずかしい」と照れてしまうようなセリフかもしれませんが、今回お伝えした”告白の名言”が、役立つ時があるかもしれません。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク