男女の永遠の課題、ラブな情報をお届け!

menu

ラブトワ

実は気付いてなかった!?人から嫌われる性格と特徴を解説!

「私はもういい大人だし、人から嫌われるはずない」なんて思いに反して、実は知らないうちに「嫌われる人の性格」に当てはまっている部分もあるかもしれません。
相手が男性であれ女性であれ、嫌われる人の性格というのは共通しているもの。

今回お伝えする嫌われる性格や特徴に少しでも一致していたら、手遅れになる前に改善の余地ありです。
「嫌われる性格の特徴や理由」を大きく6つに分けてお伝えしていくので、是非最後まで読んでみて下さいね。

license:cc  ©:等等~我再找找

1.相手によって態度が変わる!”八方美人”

人当たりがよく、誰からも好かれるように振る舞う八方美人。
一見、いい人に見えますよね。
しかし、よ~く観察して見ていると、嫌われポイントが潜んでいるのです。

・自分の評判が悪くならないように、他人の噂を聞いて回る
・思っている事と言っている事が裏腹、本音は言わない
・「ノー」と言う事がほとんどなく、いつも人の意見に同調している

これらのポイントに当てはまっていたら、要注意かもしれません。
最初のうちは上手く立ち回れていても時間が経つにつれ、じわじわと嫌われていくのがこのタイプ。
「あの人っていつも上辺だけだよね」「何考えてるか分からないし腹黒そう」なんて、いつの間にか避けられるように…なんて事もあるのがこのタイプの人です。

2.自覚してる?”悪口や陰口が多い”


©:acworks

女性が多い職場やグループでは高確率で出会う、悪口や陰口の多い人。
誰かのあらを探しては、悪く言って楽しんでいる女性はどこにでも一人は必ず存在します。

このように分かりやすい人以外にも「自分は悪口も陰口も言っていない!サバサバしているだけ」や「私は毒舌なだけ」と勘違いしており、他人から見るとただの悪口や陰口だったりする、というパターンもあります。

3.私ってイケてる!”自信過剰”


©:Ngọc Minh Photographer

承認欲求の強い女性に多い「自信過剰」という性格ですが、深層心理では自分に自信がない為に、自信過剰な態度や言動になってしまうという説もあります。
しかし周囲の人間からすると、ただの鬱陶しい・扱いにくい人になってしまいます。

・プライドが高い
・他人から「すごい」と言われたい
・人の話に興味がわかない

これらに当てはまっている人は「自信過剰」な傾向にあると言えるので要注意です。

4.「でもさ~」が口癖!”否定的”

人の話を聞いていても常に「でも、それってさ」なんて否定的な返答をしていませんか?
「自分は論理的だから」「ディスカッションが好きだから」と思っていても、 周りからは「屁理屈ばっかりだよね」「いつも人の事、批判してるよね」と煙たがられている可能性もあります。
自分の意見を主張したい時や、誰かの話を論破したいという衝動を、ほんの少しだけ抑える事も時には必要かもしれません。

5.身の丈にあってる?”高すぎる理想”


©:Philips Communications

同性にも異性にも嫌われる可能性を秘めている特徴に「高すぎる理想を持っている」という事があげられます。
例えば「年収は1000万以上で高学歴で、イケメンじゃないと無理」と言っている本人が、アラフォーで定職に就かず、決して美人とは言えない女性だったらいかがでしょうか?

こんな女性が周りにいるとちょっと痛々しいですし、少し距離を置きたくなりますよね。
これは極端な例ですが、男性へ求める理想と自分自身が見合っているのか、改めて考えてみるのもいいかもしれません。

6.自分は悪くない!”人のせいにするクセ”


©:acworks

自分を正当化し、「諸悪の根源は他人にある!」と主張するタイプの人は、やはり嫌われてしまいます。

・素直に反省しない
・自分のミスは棚にあげて、他人を責める

年齢を重ねた事で、頑固になり素直に謝る事が出来なくなる人もいるといいます。
恋愛でも仕事でも、トラブルや問題が起きる度に相手や他人のせいにしていると周囲の人間からの信頼感を失います。
自分自身の成長の為にも「私のどこが悪かったのか?」と、目線を変えて考えてみる事も必要です。

まとめ

以上、嫌われる人の性格や特徴を6つのポイントに絞ってお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?
今回紹介した性格を「個性」と言ってしまえばそれまでですが、生きて行く上で、他人との関わりは断ち切れないもの。
良好な人間関係を築く事で、損をする事はないかと思います。
上記の性格にあてはまっていなくても、定期的に自分の態度や言動を振り返ってみる事も、他人から嫌われない為の一つのコツになるかもしれません。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク