男女の永遠の課題、ラブな情報をお届け!

menu

ラブトワ

あなたは大丈夫?片思いで失恋したときに立ち直る5つの方法

人生を生きていると楽しいことばかりではなく、悲しい経験もたくさんあります。
その中のひとつに、失恋があります。
告白して振られたり意中の人に恋人がいたりした、という方も多いのではないでしょうか。
好きな気持ちが強いと悲しみが増えるのは当然のことであるといえます。
今回は、片思いで失恋したときに立ち直るための方法をご紹介します。
もう恋なんてしたくない!と考えている方は、まずは最後までご覧になって実践してみてください。

license:cc  ©:weheartit.com

片思いで失恋したときに立ち直る5つの方法


©:weheartit.com

では、失恋したときに立ち直るための方法を5つご紹介していきます。

方法①:とことん悲しくさせて泣く

まずは、とことん泣くことです。
大人になると、声を出して泣く機会が極端に減ってしまいます。
思い出すだけでは、落ち込むだけになってしまう場合もあります。
そういうときには、悲しみがより膨らむような失恋ソングを聞いたり、彼の写真を見たりしましょう。
感情を隠すことなく、とにかく悲しみ、泣くことで立ち直りやすくなります。

方法②:誰かに話を聞いてもらう

振られて悲しい気持ちを、誰かに聞いてもらいましょう。
聞いてもらう相手は友人でも家族でも、誰でもかまいません。
自分だけで解決しようとするのではなく、話を聞いてもらって楽になることも必要です。
腹を割って全て話すほど楽になることができるので、できれば気が許せる方に話すことが理想です。
あなたが思っていることを、なるべく多く聞いてもらうことが大切です。

方法③:片思いの相手と連絡しない

片思いの相手や周りの方とは、なるべく連絡を取らないようにすることです。
相手を連想させるような人物に会うことで、気持ちが再燃してしまうからです。
一生連絡を取るなということではなく、気持ちが落ち着いて再燃しなくなる自信が生まれるまでは、思い切って連絡を絶つことです。
会社関係や学校関係でどうしても連絡を取らなければならないというニュアンスであれば、友人などに間に入ってもらったり、最低限の連絡だけに留めたりしておきましょう。
とにかく連絡は最低限までおさえることです。

方法④:新しい相手をみつける

割り切って新しい恋愛対象の相手をみつけるのも良い選択といえます。
いつまでも失恋した相手のことを考えていてはキリがありません。
そんなときには、心機一転して新しい相手をみつけましょう。
すぐにはみつからないかもしれませんが、色んなイベントや社交場などに顔を出していると、そのうち現れる可能性だってあります。
新しい相手をみつけることで、過去の悲しみを絶つことができます。

方法⑤:諦めない

どうしても忘れられないのであれば、諦めないという方法もあります。
例えば、会社や学校で好きになった人に恋人がいたとすれば、ライバルはたったの一人だけです。
それまでは社内や校内にたくさんのライバルがいたわけですから、むしろチャンスです。
何度も告白を受けることで、自分がそんなに必要とされているという感情からあなたに気持ちが傾いてしまう可能性だってあります。
ただし、相手に引かれるほどエスカレートしてしまうと、永遠に恋が実らなくなってしまうので注意が必要です。
潔く引いて後悔するよりも、何度も立ち向かって悔いのない恋愛を選ぶのも良いのではないでしょうか。

まとめ

いかがだったでしょうか。
今回は、片思いで失恋したときに立ち直る方法を5つご紹介しました。
一人一人恋愛の形が違うのと同じで、立ち直り方も人それぞれ違います。
ご紹介した中から自分に合った方法を探して、少しずつ失恋から立ち直るようにしましょう。
恋愛成就するためには、状況によって諦めることも諦めないことも大切であるといえます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク