男女の永遠の課題、ラブな情報をお届け!

menu

ラブトワ

いつまで待てばいい?彼に結婚を決意させる5つのテクニック

付き合っている期間が長いカップルは、女性側がそろそろ結婚したいと思い始めるものです。
しかし、男性に一向に進展させる様子がないと段々と焦ってしまいます。

毎回顔を合わせる度に結婚を迫ると逃げていかれそう。
そんな不安を持つ女性の為に、「彼に上手に結婚を決意させる5つのテクニック」について紹介します。

license:cc  ©:weheartit.com

1.彼が結婚したがらない理由を訊いておく

まず大切なのは、彼が結婚をしたがらない理由です。
男性が結婚を渋る理由として「責任を負いたくない」「自由がなくなる」「経済的に不安」「家族との関係性」というものがあります。

彼が結婚をしたくない理由を訊き出すには、彼の友人で既婚者の力を借りた方が良いでしょう。
既婚者の友人から「お前結婚しないの?」と言って貰えば、「しないとは言ってないよ、でも・・」などと理由が判明します。
男性の答えが「結婚する必要がない」だったからと言って悲嘆しない様にしましょう。

世の中には色々なステップを踏んで結婚しているカップルもいます。
彼が結婚するつもりがなくても一緒にいるのは構わないという考えだったら、同棲をしてしばらくパートナーとして暮らすという方法もあります。 
この場合、時間が経てば「この女性とならば結婚しても良い」と男性が考えを変えることが多く、非常に高い確率で数年後に籍を入れる様になります。 

2.責任を負いたくないと思っている男性の場合


©:weheartit.com

男性が自分が一家の大黒柱になることに対して責任が重くて嫌だと感じるのは、少し甘えが入っているものです。
しかしそこで「何を言ってんの」などと言っては逆効果ですので、あなたの方から歩み寄る様にしましょう。

日頃から二人で何かする時には自分のアイデアを述べる様にして、何でも彼任せにしない様にします。
特に旅行に出かける際には積極的に計画を立て、彼の意見を取り入れながら準備をしていきます。 
何かあった時には自分も協力して乗り越えられる、彼にばかり全て頼らないという姿勢を見せれば、彼も安心してあなたと一緒になれるのです。

3.自由がなくなると思っている男性の場合

殆どの男性が結婚すると自由に遊べなくなってしまうと思っています。
そこで付き合っているうちから、一定のルールを決めればあとはあまり彼の行動について詮索しない様にこころがけます。

例えば飲み会がある時には先に連絡を貰えば、途中で「どこにいるの?」等無粋なメールを送らない。
仕事が忙しくて会えない時には忙しかった方が落ち着いたら連絡をする。

これらを決めておけば、男性はあまり束縛されているという気持ちにならずに済みます。
彼があなたに「信頼されている」と思い、自信を持って貰うことが大切です。 
最初は喜んで遊んでいるでしょうが、そのうちに誕生日などの記念日にはあなたの方を優先させてくる様になり、そろそろ結婚しても良いかなと思う様になるでしょう。

4.経済的に不安な男性の場合


©:weheartit.com

自分一人の給料で妻や子供を養っていくだけの自信がない、というのは現代の男性ならば少なからず感じている不安です。
そんな彼には、結婚しても家庭に入りっぱなしにはならない、という意志を伝えておきましょう。

仕事を持っている人は結婚して子供ができても続けていきたいから、育児を協力してくれるか尋ねてみましょう。
経済的な不安がある男性ならば、育児への協力は惜しまないものです。

出産や子育てで一時的に専業主婦にならざるおえない場合に備えて、パートや再就職に有利な資格を取得しておきます。
「将来的に社会復帰するから大丈夫」と言えば、彼の不安も軽減されて結婚に前向きになってくれます。

5.家族との付き合いに心配している男性の場合


©:weheartit.com

男性が結婚の際に気にする点に、家族との関係性があります。
男性はあまり家族との付き合いがないのに、結婚後、女性側の家族との付き合いを多くしないといけなくなると、苦痛に感じてしまいます。
逆に、家族との付き合いが多いのに、女性に家族との付き合いを拒まれると、嫌な気持ちになります。

結婚するということは家族になるということ。
当然、お互いの家族のことも考えないといけません。
それなのに、家族付き合いのことで合わないと、結婚は無理だと思われてしまいます。
どちらにせよ、男性の家族の関係性にできる限り合わせてあげることが、結婚への必須条件となるでしょう。

まとめ

彼が結婚を渋るのは、単に決定的なきっかけがないだけかも知れません。
「捨てられたら後がない」などと考えずに、二人の将来について話し合う機会を持つことも大切です。

「いつ結婚してくれるの」「早く結婚して」と迫るのではなく、いつ頃というだいたいの目安があれば教えて欲しい、自分もそれまでに準備をしておくから、と言うと良いでしょう。
「今のプロジェクトが一段落したら」「昇進できたら」「転職したら」等と、彼に目標を定めて貰うのが一番スムーズにいきます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク