男女の永遠の課題、ラブな情報をお届け!

menu

ラブトワ

なぜいつも髪をいじる?髪をいじっているときの女性心理6選

女性の長い髪って素敵ですよね。
「女性の髪は長くなくては!」という男性もいるほどです。
そんな長い髪をかき上げたり、くるくる触っていたりするしぐさに魅力を感じる男性も多いはず。

そんな髪をいじるしぐさをなぜかいつも自分の前でする女性はいませんか?
人間の癖や行動には、心理的な要素が大きく影響しているのでそこには意味があります。
では、心理学的に髪を触る行為にはどのような意味が隠されているのかを紹介します。

license:cc  ©:gregt99

1.綺麗に見られたい

髪が長く自分に自信がある方は、髪を頻繁にかき上げたりしています。
よく芸能人がテレビで髪をかき上げている姿を見ますが、自信の表れと同時に綺麗に見られたいという心理が働いているからです。

実際に髪をかき上げる姿で、魅力を感じる男性は多いわけですし、理に適った行動なのです。
大好きな彼に常に魅力的に見られたいという思いがしぐさに表れているのですね。

2.緊張している


©:@レイ

緊張していたり、恥ずかしがっているときに無意識で髪を触ってしまう人は多いようです。
思春期の中学生や高校生の女の子が髪を触りながら人前で話している光景を覚えていませんか?
頭を自分で撫でるような行為です。

これは自分を落ち着かせているという心理が働いています。
授業や発表会の時に人前に立って恥ずかしい気持ちを抑えるために、髪を触っていたのですね。
大好きな彼を目の前にして緊張している場合もありますし、まだ仲が深まっていない状況なら何を話して良いかわからずに緊張しているのかもしれません。

3.もっと見られたい


©:gregt99

注目されたい、見られたいというときにも髪を触ってしまいます。
触り方としては、自分の手で自分の髪をとかすような動きをします。

自分の手をくし代わりにしてとくように触る感じですね。
気になる人に注目されたいという気持ちが、女性の象徴でもある長い髪を触るしぐさに表れているようです。

4.頭を撫でて欲しい

無意識で頭を撫でて欲しいときにも自分の髪を触ってしまうようです。
人間の心理って面白いですね。

人に頭を撫でてもらいたいとき(頑張っているときや、慰めて欲しいとき)に本当は他人に撫でてもらいたいけど、それが叶わないから自分で撫でているという状況ですね。
そんな欲求を無意識に自分で満たしているのでしょう。

5.退屈している


©:胖胖豬

つまらなさを感じているときに時間を持て余しているときに髪の毛をいじっています。
よくカフェで会話のないカップルが座っていて、女性は枝毛探しをしている様子を見かけますが、彼女は完全に飽きているのでしょう。
手持無沙汰になって行き場のない心が髪を触るという行為に表れます。

6.嫌悪感の現れ


©:ユキ

なんと!髪を触る行為には嫌悪感や恐怖感の表れという心理もあるそうです。
人間は嫌悪感や恐怖感を感じると、髪を整える仕草になり、それは自分の身を守る意味を持っているそうです。

これは考えようによっては、恐ろしい心理ですよ。
なぜなら、自分に見られたい好意があって恥ずかしいから髪を触っているんだと思っていたら、実は嫌悪感の表れだったなんてことも考えられますから。
いや、そんな状況恐ろしすぎます。

髪を触るしぐさには、好意的な心理もあれば嫌悪的な心理もあり、恋愛面で相手が自分に好意があるかどうかを、髪を触るしぐさだけで判断してしまうと危ういようです。
では髪を触るしぐさ意外に、女性の好意を知る方法はないのでしょうか。

・視線
何回目が合うか、話しているときの目線はどこにあるか。
重要なのは長さではなく回数です。
目の合わせ方や下からのぞき込む目線も脈ありサインだと言われています。

・ボディータッチ
身体の距離と心の距離は比例してると言われています。
会話中にボディータッチが多い女性ほど脈ありです。

・声のトーンが上がる
これも有名ですが、女性は好きな人の前では声が高くなります。
他の人と話している様子と比べてみましょう。

まとめ

髪をいじるというだけで心の状態が行動に表れている良い例ですね。
気になるあの子の心理は、好意的なのでしょうか嫌悪的なのでしょうか。
他のしぐさと合わせて見極めてくださいね。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク