男女の永遠の課題、ラブな情報をお届け!

menu

ラブトワ

女性心理が丸わかり!?男性に送る視線のサインの秘密とは?

普段、あなたはどういった物に視線を送りますか?
おそらく興味があったり、好きなものに視線を送っているでしょう。
見たくない物にわざわざ視線を送ることもないはずです。

ただ、男性と女性ではその視線に大きな違いがあるのです!
その視線から、心理を読み取ることだってできるのです。
そこで今回は女性に視点を当て、男性に視線を送る女性心理について説明しましょう。

男性が勘違いする女性の視線について

joseisinrisisen02
気になっている女性を見るたびに視線が重なる。
そして、じっと2人で見つめ合う。
「もしかしてあの子も僕に気があるかもしれない!」
こう思ってしまう男性は少なくありません。

気になる女性を見るたびに、自分の方を見てくれるのだからそう思うのが当然でしょう。
ただ、結論から言わせていただくと、それは大きな勘違いです!!
勘違いではない場合もありますが、ほとんどの場合は勘違いです。

というのも、女性は好きな物に視線を送れても、好きな人には送ることができなくなるからです。
送れなくなるというよりは、送り続けれないと言った方が正しいでしょう。
逆に男性の場合だと、好きな人には視線を送り続けてしまいます。

この男女の違いにより、見つめ合うことに勘違いが生まれるのです。
では、なぜ女性は好きな人になると視線を送り続けれないのでしょうか?

好きな男性には視線を送り続けれない女性心理について


好きな男性に視線を送り続けれないのは恥ずかしい、照れるといった女性心理が働くからです。
男性が好きな人を直視できるのに対して、女性は直視できないというところが大きな違いです。
ですから、気になっている女性を見るたびに視線が重なって見つめ合っているのは、女性には好意がない可能性が高いです。

「でも、見つめあっているのに好意がないって変じゃない?」
あなたは今そう思ったでしょう。
ここには、残念ながらマイナス要素が働いている可能性があります。

女性があなたのことを見つめながら思っていることは、

「なんでこっちばっかり見てるんだろう?何か顔についてるのかな?」
「あの人こっちばっかり見てきて嫌だな。やめてくれないかな。」
「またこっち見てる。こっち見るのやめてって視線で訴えてるんだけど伝わらないのかな?」

というように思って視線をそらさないだけの可能性が高いです。
見つめ合っているのではなく、気になって見ているだけという感覚ですね。
ですから、見つめ合っている時間も微々たるものでしょう。

そしてその表情には、好きな人を見るような恥ずかしい感じはなく、無表情か、少し睨んでるような表情になってるはずです。
女性心理としては、好きな人に視線を送っていた時に視線がこっちにきたら、恥ずかしくてすぐに視線をそらすはずですからね。

会話中の視線で女性心理を見抜く


好きな人を直視できない女性の視線でしたが、会話になるとその女性心理は大きく変わってきます。
なぜなら、会話中に関しては、好きな男性に対しては強く視線を合わせるからです。
これは、女性がコミュニケーションを大切にする傾向にあるからです。

好きな男性に対しては、

「私のことをもっと知ってもらいたい。」
「もっとこの人のことを知りたい。」
「もっと話をしていたい。」

というような気持ちが現れるからです。

逆に、興味ない男性に対しては、視線ははずれがちです。
会話していてもどこか上の空で、相手の話に興味を示さないでしょう。
ですから、あなたに対して視線を外さず、じっと見つめながら話をしているようなら、あなたに対して好意を抱いている可能性が高いです。

まとめ

いかがだったでしょうか?
女性が男性に送る視線一つでこれだけのことが分かります。
視線を送りながらどんなことを考えているのかという心理を読み取れます。

この視線から女性心理をしっかりと読み取り、勘違いすることがないようにしましょう。
また、女性心理をもっと読み取るには、『女性心理を読み取れ!恋愛に本気になる女性のサインとは?』を合わせてお読みください。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク