男女の永遠の課題、ラブな情報をお届け!

menu

ラブトワ

これで不安解消!年下の不倫相手と上手くいく5つの方法

年下の不倫相手から愛され、楽しくお付き合いをしたいと思いませんか?
どうしてそんなふうな態度を取るのかな?って思うところがありますが、そこがテクニック。
好きな年下の不倫相手がいるなら、楽しい行動や話し方をした方が愛されるんです。

でも、どうやったらより愛されるか分からないし、初めてで楽しく付き合えないという、そこのあなた!
上手な年下の不倫相手を楽しませるコツを掴んで、楽しくお付き合いをしてみましょう。

1.相手が惚れるように不倫相手に合わせてみる
2.楽しい気分になるように笑顔を見せることも大切
3.好きなものを買ってあげる
4.心のこもったキスをする
5.美味しい料理を作ってあげる

では、この5つのコツの詳細を見てみましょう。

license:cc  ©:weheartit.com

1.相手が惚れるように不倫相手に合わせてみる

まずは、「年下の不倫相手が惚れる」ことをやってみましょう。
相手がもう離れたくないと思うような行動をしてみましょう。

不倫していると、どうも年上の人の方の考えを優先してしまったり、行動を優先してしまうことがあります。
この行動は年下の不倫相手からすれば、少しイラッとしてしまいますしね。

注意したいのが、イラッとさせないためにも、

・行きたいデート場所や食べたいものを聞く
・次にどんなことをしたいかを聞く工夫をする
・年下から話がしやすくなる工夫をしてみる

「何か面白い話を聞かせて」と言ってみると、年下の不倫相手も話しやすいですね。

2.楽しい気分になるように笑顔を見せることも大切


©:weheartit.com

年下の不倫相手と会うときは、笑顔を作ることを心がけましょう。
どうしても不倫しているからと、家族に後ろめたさを感じてしまい、上手く笑えないことがあります。
周りの目線を気にしてはキョロキョロしたりするのもダメですね。

不倫相手と会う時には、子供のことを忘れましょう。
そして、不倫相手のことだけを見ては、楽しい会話をして楽しみましょう。
ポイントは、不倫相手をもっと愛してあげるんだという気持ちを強く持てば、深く感情を込めて愛してあげることが出来ます。

3.好きなものを買ってあげる

年下の不倫相手は、年上の恋人にはやっぱり素敵なプレゼントを買ってくれると嬉しいなと思っています。
自分の誕生日にはおしゃれなアクセサリーやバッグ、時計などをプレゼントして欲しいなと思うのです。
そして、プレゼントを渡す時には「愛してる」と言って渡せば、より気持ちが伝わります。
年下の恋人も「大好き」という気持ちが芽生えます。

ブランドでなくても、綺麗な花の束や雑貨でもいいんです。
メッセージカードに「可愛い君へ」と書いて渡すだけでも、かなりポイント高いですね。
注意点としては、必要以上にプレゼントをあげ過ぎないことです。

4.心のこもったキスをする


©:weheartit.com

こまめにキスをしてくれる年上の不倫相手は、年下にとって心が通じ合っているなと思うものです。
さりげなくキスして「今日も可愛いよ」と言うだけでも愛されてるなと感じます。

注意点としては、タイミングを上手く掴むことです。

・食事が終わったら頬にキス
・ショッピングが終わったらおでこにキス
・エッチが終わって一息ついている時に首、胸にキス

このようにキスをしてくれる年上の不倫相手って、とっても心を感じます。

注意したいのは、必要以上にキスしないこと。
程よいキスでも愛情が伝わるんですよ。

5.美味しい料理を作ってあげる


©:weheartit.com

年下の不倫相手には、心を込めて料理を作ってあげるのもいいですね。
器用にフレンチやイタリアン料理を作って「食べて」なんて出してくれると、それだけでも年下の不倫相手はメロメロになってしまうのです。
美しく作れちゃう年上の不倫相手って凄く格好良く見えるんです。

ポイントは、熱いグラタンを出した時に「熱いから気をつけて」なんて言って心配してあげること。
なかなか作れないような手の込んだ料理を見事に作って出してくれるなんて、ポイントが高いものです。

ラザニアやパエリヤ、スペアリブなど、なかなか作らない料理をパッパと手際よく作ってみましょう。
そして「はい、お腹いっぱい食べてね」と言って出せば、もう惚れちゃうのです。

まとめ

年下の不倫相手には、年上なりの優しさを見せることがポイントなんです。
心を込めて料理を作ってあげたり、話を聞いてあげる。
キスをしてあげるタイミングを見計らってすれば、年下の不倫相手を落とすことができるんですよ。

年上としての気遣いや魅力をどんどん出してみましょう。
時には年下の不倫相手に甘えてみるのもどうでしょうか。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク