男女の永遠の課題、ラブな情報をお届け!

menu

ラブトワ

これで場の空気も完璧?合コンを盛り上げるための話題4選!

合コンは、初対面の男女が出会う場所です。
盛り上げてくれる人が一人でもいればいいのですが、毎回そういった人がいるとは限りません。
仮に盛り上げてくれる人がいない、積極的に話す人もいない。

そうなった場合、しーんとしたまま合コンが終わってしまうかも…。
そうなってしまっては悲惨ですね。

そうならないためにも、あらかじめ盛り上げることのできる話題を用意しておく方がいいでしょう。
そこで、「合コンを盛り上げるための4つの話題」を紹介します。
もちろん、人によってウケるウケないはあると思いますが、ここでは一般的にウケる話題を紹介します。

1、身内の面白ネタ

身内ネタは身内にしか分からないって思っていませんか?
それは身内にしか分からないネタだった場合です。

誰にでもウケる身内ネタはたくさんあります。

「子供の頃、お母さんに怒られた話だけど、「叩くで」と言われる前にもう叩かれてた!もう一回叩かれるってこと!?」

「地震が起きた日の話なんだけど、地震の揺れじゃなくてお母さんの声で起きた。」

「徹夜でバイトに行ったときがあって、バイト中ずっと眠たかったんだけど、バイト後に先輩に遊びに誘われたから遊びに行くことになった。その時、自転車で集合場所まで向かってたんだけどこきながら寝てた。」

簡単にまとめましたが、こういった身内ネタなら身内以外でも全然ウケます。
あまり短すぎるとすぐに終わって場がもちません。
ですから、ストーリ性にしておいて、あまりウケなかったときのためにいくつか用意しておくのがベストです。

2、過去の失敗談

過去の失敗談ってけっこう笑い話にできることが多いです。
その失敗談が大きければ大きいほど笑いも大きくなります。

「アルバイトしてた時の話なんだけど、その店はアップルパイがあって冷凍のものを揚げてたんだけど、冷凍庫から出すときに数十個を地面に落としてしまった。」

「アルバイトしてた時の話なんだけど、社員さんの指示がおかしかったから指摘していたらなぜかキレられた。それが意味わからなかったからこっちもキレて口論になって帰れって言われたから帰った。」

「仕事中、上司が丁寧に教えてくれていたのに、他のことが気になってちゃんと話を聞いてなかったら怒鳴って怒られた。」

「仕事で大事な交渉があった日にも関わらず、居眠りをしてしまって相手の会社からクレームを受け、上司にかなり迷惑をかけてしまった。」

ここで注意が必要なんですが、あくまで笑える失敗談であるということです。
笑えないような失敗談だった場合、引かれてしまい、合コンの場を冷めさせてしまいます。

3、もしも○○だったら話

結構盛り上がることができるのが、もしも○○だったら話です。

「もしも自分の好きな芸能人と付き合えたらどうする?どこにデートしに行きたい?」

「もしもどんな好きな仕事でもできるってなったら何がしたい?」

「もしも宝くじで一億円当たったらどうする?何に使う?」

「もしもどんな願いでも一つ叶えられるとしたら何をお願いする?」

もしも○○だったら話は、いくらでもネタが思いつきます。
そして、みんなで盛り上がることができます。
それに加えて、その人がどういった人かと言うのも見えてくるので合コンには必須の話題ですね!

4、恋愛トーク

やはり一番盛り上がることができるのが、❝恋愛トーク❞でしょう。
男女問わず、恋愛に関する話をしたり聞いたりするのは好きです。

「どんな異性のタイプが好きなのか。」

「今までどんな恋愛をしてきていたのか。」

「理想のデートはどんなものがいいのか。」

そもそも合コンの目的は新しい恋愛をしたいからという人が多いはずです。
そんな男女が集まっておいて、恋愛トークをしないのは逆にダメでしょう。
そこに、気になる異性がいたのならなおさらです。

恋愛トークをすることで、何となくでもどういった異性が好きなのかは分かるはずです。
それが分かっているのと分かっていないのではアピールの仕方も変わってきます。
合コンには絶対に欠かせない話題であることは間違いありません。

まとめ

以上が、合コンを盛り上げるための4つの話題です。
初めて出会った異性とは、まず仲良くなることから始めないといけません。
そのためには、盛り上がる話題が必要になってきます。 
盛り上がる話題で場が和んできたところに、恋愛トークを持ってくることで、一気に親密な関係になっていけるのが合コンでのベストなパターンですね!

また、合コンで着ていく服装選びに悩んでいる方は、
これで決まり!合コンでモテる服装選びの注意点6選!男性編
これで決まり!合コンでモテる服装選びの注意点6選!女性編』を合わせてお読みください。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク