男女の永遠の課題、ラブな情報をお届け!

menu

ラブトワ

今こっち見てたかも?女性に視線を送る2つの男性心理とは?

女性にとって男性からの視線というのはとても気になってしまいます。
彼はどんなことを考えていて、どんなことを思って自分のことを見ているのか…。 
結論から言うと男性が女性に向けて視線を送っている時というのは、大きく3つの特徴があります。

ひとつはその❝女性がよっぽど変わっている場合❞です。
逆に女性の場合にも言えることなのですが、この場合はさすがに特殊なので雰囲気で分かります。

残りの2つは似ているようで少し違います。
それは❝下心がある場合❞と、❝恋愛感情がある場合❞です。
前者と後者を区別するのは非常に難しいと言えます。

なぜなら男性の場合は、恋愛と下心は常に隣り合わせとも言えるからです。
これらを見分けることによって恋愛に発展するのか、遊ばれてしまうだけなのか大きく別れてきます。
そこで、「女性に視線を送る2つの男性心理」について考えていきたいと思います。

license:cc  ©:Lara Cores

1.下心がある場合の男性心理


©:Gabriel Rojas Hruska

体にばかり視線を送っている

最近面白い記事を読んだことがあります。
それはスイスのどこかの大学の研究で明らかになったそうなのですが、視線の対象が相手の顔だった場合には恋愛傾向にあり、体の一部だった場合には性的な対象として見ているらしいのです。
つまり、男性から胸やお尻などを見られている場合には恋愛対象ではなく、性の対象として見られている可能性が非常に高いのです。

因みに男性に関わらず女性の場合にも同じ傾向があるそうなので、女性が視線を送る時にも注意が必要かもしれませんね。
しかし例外としてあなたの胸が他人と比べても大きい場合などは、男性側は純粋な恋心と下心が交錯していると言えるかもしれません。

やたら空気の読めない会話が多い

上記の体に視線を多く送っていて、かつ会話の量が極端に多い人は下心が強い可能性が高いと言えます。
その会話の内容が自分を大きく見せる様な武勇伝や自慢話の割合が大きければ要注意です。
そうすることによって自分をアピールしてきているからです。

極めつけは下ネタが多くなってきた時には、完全に性の対象と見てもよいかもしれません。
というのも、本当に好きな女性に対してはボロが出てしまいそうなリスクのある話は控えますし、意外とそこまで喋れないものです。

それに下ネタを話せば、嫌われる可能性だってあるわけです。
そんな話を恋愛対象の女性に対して普通は出来ません。

2.恋愛感情がある場合の男性心理


©:Stephen Poff

相手の顔に視線を送る

本当に恋愛感情がある女性に対して男性は顔の方に視線を送ります。
それはその人のことを性の対象としては見ていないからです。

例外もあるかもしれませんが男性は意外と、恋をするとその女性に対して性の対象として見れないことが多いのです。
しかし逆に女性の方から視線を送り返すと、急に顔を背けることもあります。

そういう場合、決して嫌っているのではなく照れているとか、バレたらどうしようといった焦りから来ています。
ですので、こういう時には嫌われたと思わないようにしましょう。

普段の人格とは少し違う

好きな人を目の前にすると、カッコをつけて良く思われたいのが男性心理です。
つまり急に無口になるとか、急にクールになるのは冷めているからではなく精一杯のアピールと言えます。

周りから様子がおかしいと思われるほど変化してしまう男性もいます。
こういった態度を男性が見せてきたとしたら、もしかしたらあなたにゾッコンである可能性も高いと言えます。

まとめ

男性は女性と比べてアプローチが単純なので、見分けるのは比較的容易だと思います。
特に意中の男性がシャイで、こういったアプローチをかけてきた時には逆にあなたの方からリードしてあげても良いかもしれません。
こういった心理をよく理解していれば、あなたは男性を手玉に取ることも簡単と言えるのではないでしょうか。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク