男女の永遠の課題、ラブな情報をお届け!

menu

ラブトワ

30代男性必見!メールで好きな女性を落すための極意5選!

直接告白あるいはデートの約束をするとなると、年代や性別を問わず苦手と答える方は多いと思います。
本来であれば、直接顔を合わせた方が誠意は伝わるのですが、それでも日本人特有の照れや恥ずかしさが出てくるのは当然といえるかもしれません。
そんなときによく活用されるのがメールやLINEといったツールです。

しかし、メールやLINEは絵文字やスタンプなどがあるといっても、こちらの気持ちを上手く伝えるのは難しいといえます。
今回は、好きな女性を高い確率で落とすことができるテクニックをご紹介したいと思います。
いま好きな人がいるのに上手くいっていないという方は、ぜひ最後までご覧になってみてください。

license:cc  ©:weheartit.com

メールを送るときにやってはいけないこと


©:weheartit.com

まず、好きな女性を落とすためのメール術を伝授する前に、相手に対してやってはいけないNG行動を知っておきましょう。
これらの行動は逆に嫌われてしまう可能性があるので、避けるようにしましょう。

NG①:早朝・深夜、仕事で忙しい時間帯にメールを送信

社会人、学生を問わず、誰もが忙しい時間というものが存在しています。
自身も逆の立場になってみればわかることかと思いますが、そんな時間帯にメールを送ってこられても返信する余裕はありません。
特に朝や仕事中はバタバタしているので、メールが来ていることすら忘れかねません。
相手を不快にさせないためにも、そういった時間帯は避けておくべきです。

NG②:返信が遅すぎる

メールの返信が遅すぎるというのは、相手にあまり良い印象を与えません。
仮にあなたがルーズな性格であっても、付き合いの長い周囲の友人たちはいつものことだと理解してくれるでしょう。
しかし、好きな女性との関係が短いのであればそういった性格は理解していませんし、自分に対して気がないと思われてしまうからです。
当日中が理想ですが、どれだけ遅くても翌日中には返信するように心がけましょう。

メールで好きな女性を落とすための5つの極意


©:weheartit.com

それでは、実際に好きな女性を高確率で落とすための極意を伝授していきたいと思います。

極意①:相手のことをよく知ること

基本中の基本ですが、まずは相手のことをよく知る必要があります。
相手とメールができる環境というのは恵まれています。
せっかくですから、相手の趣味、特技、血液型などを聞いておきましょう。

特に趣味に関しては、あなたと共通するものがあれば一気に距離が近くなります。
もう少し仲良くなれば、相手に彼氏がいるのか確認しておきましょう。
相手のことを早く知りたいからと、いきなり家庭環境といった深い質問やしつこく質問攻めにしないように注意しましょう。

極意②:自己完結せずに会話のラリーを楽しむこと

こちらも基本となりますが、不器用な男性はメールを自己完結してしまいがちです。
例えば、「僕は○○が好き。」だけのような短く終わってしまうような文章です。
どうせならもっと広がりを持たせるために、「僕は○○が好きだけど、○○がとても良かったよ。○○はどういったものが好き?」このように、会話のラリーを意識した文章が理想的といえます。

極意③:一度下書き保存して読み返す

文章に自信がないという方は、一度下書き保存してみるのも良いでしょう。
そのときの勢いだけでメールの文章をつくってしまうと、後になって後悔することもあります。
文章を一度下書き保存することでひと呼吸つくことができますし、誤解を招いてしまいそうな文章を訂正することができます。
メール慣れしていない方は、一度下書き保存して見返すことをおすすめします。

極意④:相手ではなく自分で終わりにする

メールは、相手ではなく自分で終わりにするようにしましょう。
「待ち合わせだけど、19時に○○で。」「うん。すごい楽しみ!」このような会話があったとして、それ以降はこちらから送信する必要がありません。
「本当に楽しみだね!」なんて返事を返さないようにしましょう。
自分で完結することで、まだ相手からメールが来ないなどと気にする心配がないからです。

極意⑤:デートする約束をする

ある程度相手と連絡が続いているのであれば、早速デートの約束をしましょう。
ただし、相手に脈があると思われる場合や共通の趣味がある場合のみです。
もし相手に脈があるかわからないという場合は、数人で行っても良いでしょう。
共通の趣味があれば、気軽に誘っても特に問題ないでしょう。
盛り上がったときにデートの約束をすると、成功確率は高くなります。

まとめ

あくまでもメールは連絡を取るためのツールでしかありません。
相手の距離を縮めたりデートにこぎつけたりすることが正しい使い方です。
好感触だからといって、いきなり告白するようなことは避けておいた方が良いでしょう。
告白自体はメールでも大丈夫ですが、まずは二人きりで食事に行けるぐらいの仲になっておくことが理想です。
それでは、メールを上手く使って良い恋愛を楽しんでください。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク