男女の永遠の課題、ラブな情報をお届け!

menu

ラブトワ

それって脈ありサイン?ボディタッチをする6つの男性心理

女性にボディタッチをする男性っていますよね?
特定の女性にだけする男性もいれば、どんな女性にもする男性もいます。
こういった男性はなぜ女性にボディタッチをするのか気になりませんか?

それには、男性心理が関係しているのです!
この男性心理によって、女性にボディタッチをしたくなるのです。

では、なぜ女性にボディタッチをしたくなるのかですよね?
そこで、「ボディタッチをする6つの男性心理と脈ありサイン」を紹介します。

license:cc  ©:Brett Arthur Donar

1、身長が低いから

男性は身長の低い女性のことを可愛いと思います。
これは顔が可愛いとは違って、子供みたいで可愛いという意味合いです。

だからと言って、子ども扱いしているわけではないのでそこは勘違いしないでくださいね。笑
あくまで、身長が低いから子供みたいで可愛いと思うだけです。
男性によっては、女性の身長が何㎝ぐらいから低く感じるのかは違います。

身長を低い女性に対して男性は、❝頭をぽんぽん❞したくなります。
「本当に可愛いらしい子だな。」と思いながらします。
そこには、恋愛感情ではなく、妹や後輩や娘を思うような男性心理が隠されているので、脈ありサインの可能性は低いでしょう。 
ただ例外として、あなたにだけ特別頭をぽんぽんしているのであれば、それは脈ありサインと言えるでしょう。

2、女好きで女性に触れたいから


©:Orofacial

色んな女性にボディタッチをする男性は女好きの可能性が高いです。
女性であれば、相手を問わずボディタッチをします。 
ただ、女性に触れたいと思う男性心理です。

相手に脈があるかないかなんて言うのはこの男性には関係ありません。
ただただ、色んな女性に触れたいだけです。
触れない女性がいるとすれば、興味がないか嫌いか生理的に受け付けないかでしょう。

3、外見がタイプだから


©:WanganBoy

外見がタイプの女性に対しても、ボディタッチをしたいと思うのが男性です。
あなたも外見がタイプの男性なら触りたいと思いませんか?
それは、男性にとっても同じことです。

この段階では、好きという感情ではありませんが、気になっている女性と言うことには間違いありません。
そんな女性ともっと仲良くなりたいという男性心理です。

4、話してて楽しいから

気が合う女性と会話するときは、話してて楽しいです。
そんな女性と話すときは自然とボディタッチをします。

・会話中につっこみを入れるとき。
・挨拶をするとき。
・凹んでて慰めるとき。
・ちょっかいを出すとき。

上記のような場面で、女性に対してボディタッチをすることが多いです。
主に、肩や背中に対してボディタッチをしています。 
当然、恋愛感情はないので、脈ありサインではありません。

5、距離感を縮めたいから


©:Tamara Álvarez

男性は気になっている女性に対して、もっと距離を縮めたいという思いがあります。
距離を縮める方法として、まず会話することから始めるのは当然です。
ですが、それだけではある一定のラインは超えられません。

そこで、次の手段としてボディタッチをするわけです。
ボディタッチをすることで、一気に距離を縮めることも可能だからです。 
相手に触れる、触れられるということを繰り返せば徐々に距離は縮まっていきます。
触れると言う行為によって、相手が気を許していってくれるからです。

ただ、男性が距離を縮めたいと思ってボディタッチをしても、女性がそう思っていないのであれば、ボディタッチをされることは当然嫌がります。
男性からすると、これが一つの見極めるラインでしょう。
あなたと少しずつ仲良くなった男性がボディタッチをしてきたのであれば、それはもっと距離を縮めたいと思っている証拠です。
間違いなく脈ありサインと言えるでしょう。

6、好きだから


©:Vera Sitnikova

これは本当に簡単な理由ですね。
ただその女性のことが好きだからボディタッチをしたい。
これが一番分かりやすい男性心理です。

というのも、好きな女性に対してなので、特定の女性に対してだけボディタッチをするからです。
他の女性には興味がないのでボディタッチをしようとは思いません。
ただただ、好きな女性にボディタッチをしたいのです。 
あなたに対してだけボディタッチをしてくる男性がいれば、それは脈ありどころか、好きのサインかもしれませんよ!

まとめ

以上が、ボディタッチをする6つの男性心理と脈ありサインです。
男性が女性にボディタッチをするのにはちゃんとした理由があります。
その男性心理を理解し、あなたへの脈ありサインを見逃さないようにしましょう!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク